まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
須田泰司

日本臨床心理士資格認定協会の認定プロ

須田泰司(すだやすし)

京口カウンセリングセンター

コラム

学校を経て社会性能力をたかめるには

人間関係

2014年10月23日 / 2015年10月1日更新

「社会性能力」

ひとつの節目を迎え、今までのステージでのさまざまな関わりに整理、感謝し、次のステージに向かうための儀式としての卒業式。
さまざまな社会的能力を年代ごとに積み重ね、いわゆる「社会性」を育てて、視野を広げつつ、より豊かに自分らしい生活をつくることを目指して、保護者・親族・教師・友人・仲間等々と関わりを持ち、助け助けられて生きていこうとしていくのが一般的です。
ところで、「社会性」であるコミュニケーション能力、集団能力、共感能力、実践力、基本生活能力等々の要素は結構高く示しながらも、「自尊心」「将来展望」という重要な力がかなり低い人が目立ってきています。
自己評価が低く、将来の目標・生き甲斐に展望が持てないということです。
行き場のない力を使っているだけで、空回りのような状態が想像されます。学齢期は「進学枠」が仮の目標になるかもしれませんが、社会を見据えれば目標・目的に確たるものがなければ拡散してしまいやすくなります。
節目ごとの卒業ができない、ということは新しい世界に入学できないということにもなりかねません。
勝手にできるものでなく育てていかなければならないのですが、なぜ低くなってしまうのでしょうか。

この記事を書いたプロ

須田泰司

須田泰司(すだやすし)

須田泰司プロのその他のコンテンツ

Share

須田泰司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
079-222-3148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

須田泰司

京口カウンセリングセンター

担当須田泰司(すだやすし)

地図・アクセス

須田泰司プロのその他のコンテンツ