まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ群馬
芝原晶子

工業系・技術系企業の海外向け事業を支える英語翻訳者

芝原晶子(しばはらあきこ)

AST Translation Service

コラム

13年ぶりのニュージーランド@帰国してから思うこと:パート③NZ入国時の注意点

海外 ちょい住み

2018年5月5日 / 2018年9月3日更新

Aloha! 今日も夏日の高崎です。
GWはどこにも出掛けないのがちょっと寂しくなり、
市内に新しくオーブンした「コナズ珈琲」に初めて行きました。



そこでちょっとだけハワイ気分を味わいました。

そして旅愁にしばし浸りながら、今回のNZ旅行で気付いた大きな注意点を思い出しました。

【入国の際には、持ち込める食品の制限が厳しい】ということです。
詳細はこちらをご覧ください。
私の体験では、飛行機の中でもらう入国カードの裏に、持ち込む食品を申告する欄があります。
それに記入し、まず預けた荷物をオークランド空港でピックアップしてから、入国審査→検疫という手順を進みます。

入国審査は通常通りですが、そこから全員検疫所で持ち込む食品についての審査があります。
全員対象なので、自分の番が来るまでに1時間くらい掛かります。
NZ国内線の乗り換えがある場合は、この時間も考慮しておいたほうがいいと思います。

ポイントは、【持ち込み禁止以外の食品は、全部申告すれば持ち込み可能】ということです。
検疫検査での順番待ちの間、日本からの添乗員さんがお客様に「手荷物に入っている食品を
捨ててください。」と言っていました。ペットボトルのお水もです。
中にはスーツケースに入れたものまで、わざわざ出して捨ててる方もいました。
ですが、機内でも「申告するか捨ててください。申告しないと罰金です。」というアナウンスが
数回ありました。だから「申告すれば持ち込める」のです。

ただ、そこで検査員とのやり取りを英語でしなくてはならないので、
語学力に自信がない方は捨てたほうがいいかもしれません。

私は小腹が空いた時のためにおさかなソーセージを持参していたし、
お茶やハーブティーのパックも持参していたので、申告することにしました。

検疫検査では、入国カードの裏側を見ながら検査員から質問されます。
以下、覚えている限りの当時の会話を日本語でそのまま記載します。
ちなみに、手荷物に入れていた食品は念のために荷物から出しておきました。

私:「スーツケースの中に、お水とお土産用のチョコレートが3袋入っていますが、
   出したほうがいいですか?」
検査員:「大丈夫です。」

入国カードの裏面を見ながら、

検査員:「動物性由来の食品は何ですか?」
私:「おさかなソーセージです。」
検査員:「魚?他のソーセージは持ってませんか?牛肉とか豚肉とか。」
私:「持っていません。」
検査員:「植物由来の食品は何ですか?」
私:「ハーブティーです。」
検査員:「液体は?」
私:「お水です。」
検査員:「飲み水用ですか?」
私:「はい、そうです。」

これで終わりです。
こうして日本から持って来た食品は持ち込めました。

ここまで検疫検査が厳しいということを忘れていましたし、
今まで旅したどこの国よりも厳しい検査でした。

それからタバコですが、例え自分用に買うとしても、1人1パックまで持ち込み可でした。
私は友人に頼まれてオークランド空港の免税店で買いました。
それでも64NZドル(約5,000~5,500円)!物凄く高いです。
これでも通常にお店で買うより安いそうです。

皆さんも旅行時にはくれぐれもご注意ください。
せっかくの楽しい旅行をダメにしないためにも、
必ず出発前に持ち込み可能なものの確認をしてくださいね。

Mahalo!

この記事を書いたプロ

芝原晶子

芝原晶子(しばはらあきこ)

芝原晶子プロのその他のコンテンツ

Share

芝原晶子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-7085-8308

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

芝原晶子

AST Translation Service

担当芝原晶子(しばはらあきこ)

地図・アクセス

芝原晶子のソーシャルメディア

facebook
Facebook

芝原晶子のソーシャルメディア

facebook
Facebook