まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福島
佐藤浩明

消化器内科専門医で「内視鏡検査」のプロ

佐藤浩明(さとうひろあき)

さとうクリニック内科・消化器科

お電話での
お問い合わせ
024-545-6111

コラム

福島医大で食道がんの新治療導入!

医療環境

2018年6月30日

福島医大で食道がんの新治療導入!

おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は‘福島医大で食道がんの新治療導入!’という報告です。

 福島民友新聞の記事によりますと...福島医大病院内視鏡診療部長の引地拓人医師のグループは本年度、内視鏡で特殊なレーザー光を当て、食道がんを壊死させる治療「光線力学療法(PDT)」を導入した。東北では東北大病院、秋田大病院に次ぐ3施設目で、放射線治療後もがんが残ったり、再発した患者への新たな選択肢として期待されている。

 腫瘍に集まり光に反応する性質を持つ薬品を注射し、4時間後に内視鏡を使いレーザー光を当てて腫瘍を破壊する。2015(平成27)年に京都大の武藤学教授(福島医大卒)らが行ったPDTの治験では、26人中23人で食道がんが消えたという。福島医大ではこれまで、2人の患者にPDTを実施。4月に治療を受けた70代女性は、食道の粘膜下層までがんがあり、抗がん剤と放射線治療で一度がんが消えた4年後に再発。PDT後は食道がんが消失し、経過は良好だという。5月下旬にPDTを受けた1人の患者は経過観察中。同大では今後、年に10人程度の治療を見込んでいる。

 引地部長は「従来なら治療を諦めなければならない食道がん患者に新たな治療の選択肢ができた」としている。PDTを受けるには一定条件が必要で、「まずはかかりつけ医に相談してほしい」と呼び掛けている。

食道がんは胃がんと違い、放射線治療が比較的奏功しやすいがんですが、それでも完治はなかなか難しいのが現状です。しかし、この治療はがんに集まる薬品を前投与することにより、レーザー治療がより効果的に行われるものです。今後のさらなる治療の進展が期待されます。

18.6.29 紫陽花&コスモス

この記事を書いたプロ

佐藤浩明

佐藤浩明(さとうひろあき)

佐藤浩明プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤浩明プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
024-545-6111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤浩明

さとうクリニック内科・消化器科

担当佐藤浩明(さとうひろあき)

地図・アクセス

佐藤浩明プロのその他のコンテンツ