まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福島
佐藤浩明

消化器内科専門医で「内視鏡検査」のプロ

佐藤浩明(さとうひろあき)

さとうクリニック内科・消化器科

お電話での
お問い合わせ
024-545-6111

コラム

何年禁煙でがんリスク低下?

たばこの害

2017年11月14日

何年禁煙でがんリスク低下?

おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は‘何年禁煙でがんリスク低下?’という報告です。
 日本人のがん罹患リスクは、男性で21年以上、女性で11年以上禁煙すれば、喫煙歴のない人と同レベルまで低下することが、東京大学の研究者らによる研究で明らかになった。男性では、20 pack-year(1箱/日で20年)以上のヘビースモーカーにおいても同様の結果であるという。早いうちに禁煙することが、がん予防への近道であると考えられる。 東アジアは世界有数のタバコ普及地域であるが、喫煙や禁煙ががんに及ぼす影響についての前向き研究はほとんどない。そこで著者らは、日本における8つの前向き研究(参加者32,000人以上)のデータを用いて、全がんおよび喫煙関連がん罹患リスクに対する禁煙の影響を評価した。
 主な結果は以下のとおり。
・潜在的な交絡因子の調整後、ベースライン以前に21年間以上禁煙していた男性の全がん罹患リスクは、喫煙歴のない人と同じレベルまで低下することが示された(危険率:1.01倍)。
・20 pack-year以上のヘビースモーカーであった男性でも、21年間以上禁煙した場合、全がん罹患リスクが低下することが示された(危険率:1.06倍)。
・ベースライン以前に11年間以上禁煙していた女性の全がん罹患リスクは、喫煙歴のない人と変わらなかった(危険率:0.96倍)
 この報告によると一日一箱を20年以上喫煙して方でも20年以上禁煙すればがんのリスクは喫煙しない方と同程度になるということの様です。まあ、喫煙が体に悪いことは自明のことですし、今後もドンドン課税されて来るのは火を見るよるよりも明らかですから...早めに禁煙なさるのが賢明の様ですね。
                 
17.11.13 吾妻&安達太良

この記事を書いたプロ

佐藤浩明

佐藤浩明(さとうひろあき)

佐藤浩明プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤浩明プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
024-545-6111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤浩明

さとうクリニック内科・消化器科

担当佐藤浩明(さとうひろあき)

地図・アクセス

佐藤浩明プロのその他のコンテンツ