マイベストプロ千葉

コラム

英検1級道場ーリスニング力強化のための秘訣

2022年5月12日 公開 / 2022年5月13日更新

テーマ:リスニング向上のために

コラムカテゴリ:スクール・習い事


英検1級リスニング パート2の中の1問を選び、7人の受講生に対してテストを実施しました。
1級合格者、1級受験者が対象です。
小学6年生から60歳代半ばの方まで、幅広く行いました。

選んだ過去問には、6つの国名、1つの地域、1つの都市名、1つの地理的固有名詞が出てきます。
主人公は動物です。ここでは仮にAと呼びます。
Aという名前が出てくる直前・直後に、Bという名称が出てきますが、同じものです。

大筋としては、ある国がAを輸出しているのだが、あることが理由で、その輸出先が増えたという内容です。

7人のテストの結果を見ると、さまざまな学びがあります。

1番成績がよく理解していたのは、インターナショナルスクールに通う小学6年生。
1回目で6割、2回目で8割の内容が正確にとらえられていました。

1番成績が悪かった人は、1回目で1割、3回目でも2割程度しか理解できていませんでした。

全員に対して、センテンスごとに切りながら、所々に背景知識を加えながら解説すると、全員完璧に理解することができました。

ただし、センテンスごとに聞かせても、世界地理やイスラム教への理解(メッカへの巡礼を含む)がないと、解説してもなかなか理解が得られませんでした。
単語の意味がわかっても、内容が理解できないということです。

最後にスクリプトを音読させるのですが、全員何の問題もなく、スラスラと読み上げることができます。

理解度が低かった人は、意外ですが、小学生のころから英語の勉強を始めていた人です。

上記の結果からわかることは以下の通りです。
英語のリスニング力を高める条件を整理してみました。

・アナウンサーの放送スピードについていける
・耳で聞いて単語、構文が理解できる
・基本的な背景知識を有している(地理、歴史、宗教、動物の特徴など)
・数字を1回で把握できる
・話の中で出てくる事象の関係性を頭の中で組み立てられる

つまり、日本語でも同じことが言えます。
本を読んだり、テレビや芝居を見るとき、背景知識がなく、話の筋の組み立てができなければ、チンプンカンプンでまったくわからないということです。

このコラムでも何度も言っています。
母国語がしっかりしていなければ、外国語でもわからない。
つまり、母国語で理解できていない事象は、外国語でも理解できないということです。
ですから、英検1級レベルの高度なリスニング力を高めるためには、『日本人力』を向上させる必要があります。

様々なことに興味を持ち、知識を貪欲に吸収していきましょう。
私が知っている英語の大家は、すばらしい知識人ばかりです。

英検1級道場へのお問い合わせに関して

このような英検1級道場の活動に興味があれば、まず、英検1級道場詳細情報 で英検1級道場の運営方法などを確認ください。

この記事を書いたプロ

山中昇

自ら英検1級合格を続ける英語指導者

山中昇(英検一級道場)

Share

関連するコラム

山中昇プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-7801-8405

 

受講者、受講希望の皆様のために公開しています
業者の皆様へのお願い:売込みはご遠慮ください

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山中昇

英検一級道場

担当山中昇(やまなかのぼる)

地図・アクセス