マイベストプロ千葉

コラム

英検1級道場ーリスニング問題の研究ー聞きやすさとは何か

2021年7月26日 公開 / 2021年7月28日更新

テーマ:リスニング向上のために

コラムカテゴリ:スクール・習い事


昨晩、英検1級合格者である受講者と、リスニングのレッスンをしました。
その中で、たいへん興味深い発見があったので、皆さんにシェアします。

それは、聞きやすいリスニング問題は、読んで理解しやすい英文であるという、当たり前の事実です。

下記に英文を3つ貼り付けてあります。

①、②は「英検1級最短合格!リスニング問題完全制覇-ジャパンタイムズ」

③は「2017-1英検準1級リスニング問題Part2(C)」から引用しました。

因みに、①、②を含むこの参考書は、「CEL英語ソリューションズ」の3人の先生が関わっておられ、数多くの参考書の中でも最高だと私が太鼓判を押すことができる優れものです!是非、お買い求めください。

①は1級用練習教材。
生命の成り立ちについての専門的な内容であり、背景知識がないと日本語で聞いてもわかりません。

②は英国のジェームス・クック船長の物語。
生い立ちから死ぬまでの経歴が時系列で整理されてわかりやすく書かれています。

③は2017-1英検準1級リスニング問題Part2(C)
カナダのローラ・シーコードさんという国民的英雄についての物語です。

①を聞いたときには大変苦労しましたが、直後に②を聞いたときには、すんなりとほぼ完璧に理解できました。
この違いは、聞き取る能力というよりも、書いてある内容が理解しやすいのか、難しいのかという点です。

すなわち①は日本語訳を読んでも専門家以外はチンプンカンプンです。
一方②は、日本語訳を誰が読んでも(小学生でも)、ほぼ全員が理解できる内容です。

この事実から②は、登場人物が一人で、時系列で書いてあるので、わかりやすいと考えましたが、
思い当たることがあり、③を聞かせたところ、この考えは間違っているということが判明しました。

意外なことに、受講者は、③を聞いたとき、3割程度しか理解できませんでした。
話の筋がわからないのです。

実は、今まで聞かせた数十人についても、まったく同じ結果でした。

原因は以下の通りです。
③は準1級ではありますが、使役動詞や動名詞などを数回使い、読んでも誤解するか、話が理解できない箇所が数か所見受けられ、ややこしい表現が多いのです。

つまり、リスニング問題が理解しやすいかどうかというのは、実は放送する英文内容がわかりやすいかどうかということなのです。
その意味では、③は1級のリスニング問題として取り扱うべきかもしれません。

リスニング問題は、たいへんに困難な要素をいくつも含んでいます。

①一つひとつの単語を正確に聞き取る
②文法を踏まえて話の内容を正確に理解する
③設問を読んで正しく理解する
④選択肢を正確に読んで理解し、正解を見つける。
実は、正解は本文とは違う表現で書かれているので、本文を正しく理解していないと、正解がわからないことになります。
すなわち、消去法で他の3つの選択肢が間違いである(書かれていない)ことがわかっても、残り一つが正解であることがどうしてもわからないという現象が起こります。

このような意味で、リスニング能力を高めるということは、単語力、読解力も含めてたいへん高度な知識・判断力を要求されます。


①1級教材 070 The Seeds of Life

The origin of life on Earth is still unknown. Scientists have been able to replicate the atmospheric conditions on Earth around the time that life began. This has led to the creation of complex chemicals which form the basis of life. However, scientists have not been able to make these chemicals replicate, or exhibit any of the characteristics of life forms. While the environment is suitable for life to begin, some spark or seed is needed. A theory called 'panspermia,' meaning "seeds everywhere," suggests a possible origin of this spark. The theory proposes that life exists across the entire universe and can travel from one location to another.

The panspermia theory states that microorganisms can travel on asteroids, meteorites or comets. Life forms may well have moved across space in this way. According to this theory, life on Earth began by organisms arriving from space and flourishing in the conditions here. The discovery of a meteorite found in Antarctica may verify this theory. The meteorite was blasted off the surface of Mars about 15 million years ago and contained structures that may have been the remains of bacteria. This discovery provided the first evidence that the panspermia theory may be true, and could finally answer the question of how life on Earth originated.


②1級教材 071 An Intrepid Explorer

James Cook was born in England in 1728. After five years of schooling, he began to help his family to manage a farm. When Cook was 16, he became an apprentice of a shopkeeper in the coastal town of Staithes. This may have been where his love of the ocean began.

At the age of 18, Cook joined the Royal Navy, working on several ships and fighting in the Seven Years' War. His supreme abilities as a navigator and mapmaker were recognized, and he quickly progressed through the military ranks.

In 1766, Cook's commanders ordered him to sail to Tahiti to make astronomical observations of Venus. He was also provided with a sealed envelope that was top secret, and not to be opened until after his work in Tahiti was complete. When he opened the letter, it said that he should explore the Southern Ocean to find the fabled southern continent. Over the next ll years, Cook would make three voyages to the south Pacific, discover Australia, and become the most traveled person in history at that time. He was ultimately killed by a tribe in Hawaii over several disputes regarding petty theft. Captain James Cook remains one of the greatest explorers of human history.


③準1級 2017-1 パート② (C) Laura Secord

Laura Secord is a famous figure in Canada. During the War of 1812, in which Canada and Britain fought against the United States, American soldiers invaded Canada. A group of American soldiers forced Secord's family to let them stay in their house. Secord overheard them planning an attack on the British at a place called Beaver Dams. She traveled 30 kilometers through dangerous forests filled with enemy soldiers to alert the British. Knowing that the attack was coming helped the British to defeat the Americans.

For some time, however, a few historians thought the story was partly untrue. This is because documents written at the time of the battle do not mention Secord. The historians also believed the British had already been warned by local allies. However, documents written by the British commander some years later were uncovered in 1959. These documents confirmed that Secord had indeed brought him the information.


-

英検1級道場へのお問い合わせに関して

このような英検1級道場の活動に興味があれば、まず、英検1級道場詳細情報 で英検1級道場の運営方法などを確認ください。

この記事を書いたプロ

山中昇

自ら英検1級合格を続ける英語指導者

山中昇(英検一級道場)

Share

関連するコラム