まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
上野由理

足・靴・歩行から美を追求する美脚マエストラ

上野由理(うえのゆり)

サロン・ド・コンソラーレ

コラム

正しいウォーキングの前に、良い姿勢のメリット

美脚への道 ~足のトラブル解決~

2012年10月3日 / 2014年7月17日更新

足・靴・歩行から魅せる脚へ 美脚マエストラ 飛鳥田由理

良い姿勢は日常的に意識をしてほしいです。良い姿勢の後に良いウォーキングができるので
ウォーキングセラピーでよい姿勢を保つ
http://mbp-kanagawa.com/asukata/column/2302/

良い姿勢のメリットは
1、呼吸が深く、酸素が細胞へ行きやすい
2、血行を良くする
3、骨格への負担が少ない
4、内蔵などへの圧迫が減る
5、見た目も美しい

良い姿勢でO脚予防にもなります。
効果があります。


良い姿勢は上から作ろうとすると効率がよくありません。
下から上に積み重ねるようにつくると効果があります。
つまり、下が崩れていると上もだめということです。
正しい姿勢を心がけますと、足裏のアーチの形成を助け、ゆがみがとれます。

良い姿勢は足の指に力を入れるのがポイントです。

良い姿勢は、
足の指(趾にチカラをいれる)

膝が締まる

太ももがしまる

お尻がしまる

骨盤がしまる

足の指にチカラが入らない方は、膝をぴしっとまっすぐにしにくく、O脚気味になります。
太ももの内側にチカラが入らない方は、是非、足の指もチカラを入れてみてください。自然にチカラがはいります。

良い姿勢で、「下半身はバッチリ」です。

良い姿勢で上半身をあげることは
腹筋をつかって腰を立てる事が出来ます。
反り上がった腰(反り腰)になっていて、腰痛をわずらっている人、とても多いです。
若い女性は反り腰の方がとても多いです。
意識的に腰を伸ばしましょう。
座っている時も腰を立てるようにしましょう。

胸を開いて肩のチカラを抜きましょう。
頭を身体の中心においておしまいです。
気を抜くとS字になりやすいです。

朝、いえを出る5分前とかに習慣でやっておくとよいです。
構造のわるい靴でやると良い姿勢を作りにくいです。

【良い姿勢の作り方】
1、かかとをつける
2、つま先は握りこぶし1個分間をあけます。
3、親指を意識してチカラを込める
4、太ももの内側に力を入れる
5、膝の内側をつけるようなイメージ
6、肛門をしめるようなイメージ

これで下半身はかっこよく見えます。
結構、ツライ人とても多いです。

足・靴・歩行から魅せる脚へ 美脚マエストラ 飛鳥田由理

そして、上に上に行きましょう。

7、そのまましめながら、腹筋をしめて腰を伸ばします。
8、手はブラブラにします。
9、下半身のチカラをおします。
10、すごく姿勢がよくなります。
11、上半身全体を伸ばします。
12、おなかを上に伸ばします。
13、肩を伸ばしてストンと落とします。
14、頭を乗せるようにして、良い姿勢ができました。
実際やらないとわからない事が多かったと思います。すみません(汗)

ガニ股だと良い姿勢は作れません。
上に上にとつくることが大事です♪

この記事を書いたプロ

上野由理

上野由理(うえのゆり)

上野由理プロのその他のコンテンツ

Share

上野由理のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-10-22
instagram
Instagram
youtube
YouTube
2018-10-11
google-plus
Google+
facebook
Facebook