まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
上野由理

足・靴・歩行から美を追求する美脚マエストラ

上野由理(うえのゆり)

サロン・ド・コンソラーレ

コラム

メラニンの作られ方

美脚への道 ~足のトラブル解決~

2012年9月5日 / 2014年7月17日更新

紫外線などによる日焼けや色素の沈着、皮膚の老化などに、メラニンは深く関わっています。

足・靴・歩行から魅せる脚へ 美脚マエストラ 飛鳥田由理

紫外線には、ビタミンDの合成作用や殺菌効果があって身体には有効な半面、紫外線が皮膚のなかに侵入すると表皮細胞にあるメラノサイトが刺激され、メラニンが生成されます。
新陳代謝の盛んな若い人なら、皮膚の角化作用によって、メラニンが表皮から体外にアカとなって排泄されますが、体調不良や、肌の動きが鈍っていると、メラニンが肌の中に停滞して、これがシミなどの原因になります。
さらにメラニンは内蔵障害や生活習慣とも深いかかわりがあります。

・内蔵障害とメラニン
副腎機能が低下すると、副腎皮質ホルモンの分泌が減少し、MSH(色素形成刺激ホルモン)の分泌が抑制されないため、メラニンが増加します。
肝臓の働きが悪くなると、体内の女性ホルモンが排泌されず、血中女性ホルモンの作用が高まりメラノサイトを刺激するため、メラニンが増加しやすくなります。

・日常生活とメラニン
精神的ストレスや飲食でのカフェインの摂りすぎもメラニンを移動、拡散するため、シミなどの色素沈着が増大します。

【メラニンをつくらない対策】
日焼けしないように日頃心がける
ストレスをためない
コーヒー、紅茶、緑茶の摂取を控える。
お酒を控える
正しいお手入れを心がける
ビタミンCを積極的に摂取する
遠赤外線をあびる
専門医に任せる
クリニックに通う
エステに通う
日焼け止めをしっかり塗る。
疲労や睡眠不足をさける
ピルを飲む
保湿に努める
お肌に優しい界面活性剤の入っていない化粧品を使用する
人工甘味料を避ける
抗生物質に頼らないよう日頃気をつける
精神安定剤に頼らない生活を心がける
抗ヒスタミン剤の多用を避ける
自律神経を整える
冷暖房で温度差をなるべくつけない
過度の喫煙をさける
マッサージを徹底する
乾燥した肌の状態をさける

以上、なるべく心がけてください。

【関連記事】

紫外線について
http://mbp-kanagawa.com/asukata/column/4670/

美しい肌の5つのチェックポイント
http://mbp-kanagawa.com/asukata/column/4671/

お肌とメラニンの関係
http://mbp-kanagawa.com/asukata/column/4672/

メラニンの作られ方
http://mbp-kanagawa.com/asukata/column/4678/

肌老化
http://mbp-kanagawa.com/asukata/column/4679/

汗と皮脂と乾燥
http://mbp-kanagawa.com/asukata/column/4683/

超難問の「いかに肌の奥まで、保湿できるか」のまとめ
http://mbp-kanagawa.com/asukata/column/4710/

セルフケアとしてマッサージについて
http://mbp-kanagawa.com/asukata/column/4669/

この記事を書いたプロ

上野由理

上野由理(うえのゆり)

上野由理プロのその他のコンテンツ

Share

上野由理のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-23
instagram
Instagram
youtube
YouTube
2018-09-19
google-plus
Google+
facebook
Facebook