マイベストプロ東京
小田原漂情

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師

小田原漂情(おだわらひょうじょう) / 塾講師

有限会社 言問学舎

コラム

私立中学生の国語の勉強について

2017年1月27日 公開 / 2017年2月21日更新

テーマ:国語

コラムカテゴリ:スクール・習い事

コラムキーワード: 国語 勉強法

 中学から高校へ進学する際、一般的な公立(区・市立)中学生のような「高校受験」の負担がなく、頑張って中学受験に成功した「中・高一貫校」の生徒の方たち(もちろん親御さんも)にも、高校受験とは別の苦労が、多々おありになるのではないでしょうか。

 その中で、私ども言問学舎は、「国語の勉強」という面で、大きくお力添えのできる塾であります。

 大きな理由として、国語には、数学や英語のような「形」があまりない、という特性があります。教科特性として、英語よりも数学の方が説明しやすいので、例に挙げます。現在(2017年1月)の、数学の検定教科書では、概略で言うと次のように、学年ごとの履修範囲が分けられています。

1年次 正負の数と四則計算 文字式・1次 1次方程式 比例・反比例 平面・空間図形
2年次 多項式の計算 連立方程式 一次関数 並行と合同 図形の照明(合同)
3年次 式の展開と因数分解 平方根 2次方程式 二次関数 相似 三平方の定理

 一部ではこれを「学年別」のヨコ割りでなく、「領域別」のタテ割りにした、中高一貫用「代数」「幾何」別のカリキュラムが、設定されています。英語はもう少し割り振りが違いますが、さまざまな方向をめざした「教科書」が発行されており、「学年別」の教科書とは違う枠組みで、授業が展開されます。

 ところが国語では、「単元」や「領域」というものが、文法と漢字の割り振り以外には、ありません。どのレベルの文章をどのように読むか(読ませるか)ということが、小中学校段階での大きな区分けとなります。また文法事項を段階的に学ぶ程度です。

 そして公立中学では「口語文法」だけを3年間で扱いますが、口語文法はあいまいな点も多く、高校で習う「文語文法」の前段階として一定程度勉強すれば、それで十分だとも言えます。ですから中高一貫校では、はじめから「文語文法」を教えるケースも多いのです。中学2年生で、まだむずかしい「古文」の文章と文語文法を習うので、苦戦する生徒も多いことでしょう。もともと国語自体が苦手なら、なおさらのことです。

 いっぽう進学校では、詩歌をほとんど教えない、という例も見られます。大学受験を当初から考えてのことだと思われますが、多感な中・高生の時期に、詩歌に触れることがないというのも、さびしいことです。また詩歌をうまく扱うことで、生徒の国語に対する感性を伸ばすことができるというのは、言問学舎の持つ大きなスキルの一つです。

 言問学舎では、最終的なゴールを大学受験に設定しつつ、生徒の状態に合わせて、総合的に国語のすべてを教えて行きます。現代文・古文・漢文に精通している舎主・小田原漂情が担当するからこそ、できることです。また学校の中間・期末テスト前には、学校ごとに各試験に対応します(少人数制クラスで個別対応)。定期テスト以外の時に、国語の総合力を上げるさまざまな授業を展開します。

 そしてセンター試験後の「新テスト」で求められるであろう思考力、判断力、表現力への対応力を、ここでの国語の授業なら、今からじっくり育てて行くことができます。第1回説明会は明日9時15分開催、2月4日、11日にも、順次開催の予定です。学校の国語の成績をまず上げて、将来に向かっての国語の力を育てて行きたいとお考えのみなさま、お早めに言問学舎にお出で下さい。

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師
小田原漂情
文京区の総合学習塾・言問学舎HP http://www.kotogaku.co.jp/

[[言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

[[国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com]]



 

国語力が、思考力や判断力を養います。そのための勉強は、言問学舎でこそ!

この記事を書いたプロ

小田原漂情

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師

小田原漂情(有限会社 言問学舎)

Share

関連するコラム

小田原漂情プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情

有限会社 言問学舎

担当小田原漂情(おだわらひょうじょう)

地図・アクセス

小田原漂情のソーシャルメディア

rss
ブログ
2020-04-20
youtube
YouTube
2011-06-23
youtube
YouTube
2019-10-26