まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
小田原漂情

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

お電話での
お問い合わせ
03-5805-7817

コラム

小学生の親御さん必見!「だれでもできる読書感想文の書き方 その③本文の書き出しまで」

国語

2012年6月22日 / 2017年2月19日更新

 「気に入った場所」「それについての簡単なすじ」「思ったこと、感じたこと」、の準備が整ったら、実際に感想文を書いてみましょう。もちろん、最初に書くのは「下書き」です。学校で配られる原稿用紙は「清書用」にとっておいて、別に原稿用紙を購入して下さい。袋入りのものでもいいですし、ハギトリ式で綴じられた冊子タイプのものもあります。20字×20字の400字詰めであれば、どのサイズのものでもかまいません。「ヨコ書き」用のものを縦に使うのも、非常に使いやすい方法です。

 題名の書き方、氏名の書き方は、学校・先生のいつもの方針通りに書いて下さい。一般的には、一行目の上3マスか2マスあけたところから、題名を書きます。例を挙げれば、
   『ごんぎつね』を読んで
というのが、ごくごく一般的な書き方です。ただし、ほかにも書き方はあります。
   「ごん」のために思ったこと
   言葉が話せればよかったのに
なども、ありうるところでしょう。要は、小学生の読書感想文として許容される内容であればいいのです。ただ、悩むようなら、最初に挙げた書き方で十分です。

 さて、本文の書き出しにも、おおむね二通りの書き方があります。

 一つ目は、はじめに大づかみな感想を言い切ってしまう方法です。たとえば、

 <ぼく(わたし)は、『ごんぎつね』を読んで、ごんの気持ちも兵十の気持ちもわかるけれど、やっぱり最後にごんがうちころされてしまったのは、かわいそうだと思いました。>

というような書き方です。この場合、「なぜなら・・・」というように、そのまま内容に入って行く流れになります。

 二つ目は、感想ではなく、作品の内容をはじめに言い切る書き方です。

 <ぼく(わたし)は、『ごんぎつね』を読みました。この物語は、いたずら好きなきつねの「ごん」が、村人の兵十がとったうなぎをぬすんだあと後かいし、くりや松たけを兵十の家にとどけていたのに、それを知らない兵十に、てっぽうでうちころされてしまうお話です。>

 この場合、あらすじを最初に言ってあるので、感想を順々に述べて行く流れとなります。

 いずれにも一長一短がありますが、読んだ作品そのものの性質や、お子さん自身のフィーリングで、どちらにするか決めればよいことです(私のところの授業では、本を読み終わったあと、「枠」などの作業に入る段階で、どちらにするか決めさせています。あとの「作業」の手順にも、多少影響があるためです)。

 次回は準備してある材料と、実際の文章の書き方・つなげ方などを、ご紹介したいと思います。

2016夏期特別講習 読書感想文のための講座はこちらからご覧下さい。

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師
小田原漂情
文京区の総合学習塾・言問学舎

国語力が、思考力や判断力を養います。そのための勉強は、言問学舎でこそ!

この記事を書いたプロ

小田原漂情

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

小田原漂情プロのその他のコンテンツ

Share

小田原漂情のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-08-21
youtube
YouTube
2011-06-23
youtube
YouTube
2018-08-03

小田原漂情プロのその他のコンテンツ