まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
小田原漂情

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

お電話での
お問い合わせ
03-5805-7817

コラム

「夏休み、また感想文が憂うつだわ~」という保護者のみなさまへ

国語

2015年6月22日 / 2017年2月21日更新

 子どもたちの大好きな夏休みのはじまりまで、もう残り1ヶ月を切りました。子どもたちにとっては楽しいばかりの夏休みですが、保護者のみなさまにとっては、いろいろと大変なこともありますね。宿題、とりわけ読書感想文が、毎年悩みのタネであるご家庭も、多いことでしょう。

 言問学舎としては、多くのみなさまのお役に立てるよう、これまでに毎年、「読書感想文の書き方」を掲載してまいりました。マイベストプロ東京「小田原漂情」の「人気のコラムTOP5」2位の「小学生の親御さん必見!『だれでもできる読書感想文の書き方 その③本文の書き出しまで』」から「次のコラム」「関連するコラム」で②①をあわせて見ていただくか、マイベストプロのサイト内検索で「読書感想文」と検索していただくことで、ご覧いただけます。

 また、題材と感じたことを整理して、感想文の組み立てを考える「読書感想文シート」を無料でお分けしています。メールでお申込み下さい。昨年も何人かの方からお申込みがあり、お送りしております。

 さて、近年、雑誌や新聞などで、夏休みのたびに「宿題請け負い」が記事になっています。需要と供給という観点からは、全くの否定はしませんが、お子さんの勉強・成長の機会という点から見たとき、いかがなものでしょうか。

 ことに読書感想文は、①(場合によっては貴重な)読書の機会であること ②筋道立てて考え、書くこと ③(子どもにとっては)困難な仕事をやりとげること の3つの意味で、(きちんと取り組み、やりとげれば)大変有意義な学習なのです。しかし、形骸的に「やって出すだけ」になっていて、学校でも「書き方の指導」をする機会も少ないため、多くのご家庭にとって「悩みのタネ」になってしまうのでしょう。

 これは、とてももったいないことではないでしょうか。Web上での「書き方」、またメールでお送りする「シート」は、直接言問学舎へお出でになることのできない方々のために、広い意味での教育事業(サービス)として実施しているものですが、夏休みに言問学舎へ通える地域の方々は、ぜひ夏期講習に参加していただき、生の授業で読書感想文の指導を受けることを、お考え下さい。

 そのことで得られるメリットは、おもに次の通りです。
Ⅰ.きちんとした読書感想文が書きあがる(学校提出用のものを書き上げます)。
Ⅱ.一冊の本を読み、筋道立てて文章をまとめる経験が得られる。
Ⅲ.Ⅰ、Ⅱを通して、国語の本質的な力が身につく。

 Ⅰ、Ⅱは夏期講習の読書感想文の講習だけで完結します。Ⅲはその後も継続的に学習できることが望ましいですが、夏期講習だけでも一定以上の経験となることであり、国語に対する取り組み方は、十分変わることでしょう。

 そして、「夏期講習、読書感想文だけ」、受講していただくことも可能です(国語のみの場合は、「国語専科」となります)。夏期講習説明会は今週末が第2週です。まずは夏期講習説明会にご参加いただき、実りある夏休みの学習をご計画下さい。

2016夏期特別講習 読書感想文のための講座 はこちらからご覧下さい。

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師
小田原漂情
文京区の総合学習塾・言問学舎HP

[[言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be]]

[[国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com]]

国語力が、思考力や判断力を養います。そのための勉強は、言問学舎でこそ!

この記事を書いたプロ

小田原漂情

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

小田原漂情プロのその他のコンテンツ

Share

小田原漂情プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情

有限会社 言問学舎

担当小田原漂情(おだわらひょうじょう)

地図・アクセス

小田原漂情のソーシャルメディア

rss
rss
2018-08-09
youtube
youtube
2011-06-23
youtube
youtube
2018-08-03

小田原漂情プロのその他のコンテンツ