まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
小田原漂情

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

お電話での
お問い合わせ
03-5805-7817

コラム

高校生こそ「音読」を!古文・漢文はぐんぐん上がります!

国語

2013年6月19日 / 2013年7月13日更新

 「国語力」の源が「音読」にあることを、言問学舎では広く提唱しています。現在公開中の動画では小学生の「音読と読解」の授業をご紹介していますが、高校生の古文・漢文は、「自分で音読をすること」により、ぐんぐん成績が上がる一番の教科です。特にいま、率先してやるべきなのは、2年生ですね。

 3年生も、今のうちなら多少時間がとれるので、やった方がいいのは言うまでもありません。1年生も、早くから古文を読みこなせるように(まず口で)なるためには、音読の習慣をつけるのがベストです(1年生は、とくに漢文。試験範囲の文を全部覚えるくらい音読すれば、ほぼ満点ですから)。

 ただ、一番重要なのは、2年生。なぜなら助動詞や助詞をひと通り習い終えていて、音読しながらその意味・用法を考え、確かめて行けるので、現代語訳のベースを作るだけの文法学習が、すでにできているからです。漢文も、送り仮名を含めて文語文法に基づいて訓読するわけですし、複雑な句法などはともかく、返り点は込み入ったものでも読む力がついているので、読むことはさほど苦にならないはずです。

 この「音読」をすることによって、古文も漢文も、2年生こそ力がつき、成績がアップする一番の時期なのです。

 もちろん、文法は繰り返し、確認をして行かなければなりません。ただ、古文・漢文とも、「読んでも意味がとれない」ことが最大の難点であるわけですから、「音読」の繰り返しによってすらすらと読めるようになり、あわせて通釈と文法の勉強をすることで、成績も必ず上がります。

 高校生のみなさん、ぜひ今からでも「音読」を多用して、学力を上げ、目標の進路に向かって力強く歩みを進めて行きましょう!

動画「小田原漂情 ”国語力”を語る」は、こちらからご覧下さい。

◇関連のリンクは、以下の通りです。

言問学舎の夏期講習・対象別の特徴/高校1年生・2年生について
言問学舎の夏期講習・対象別の特徴/高校3年生(大学受験科)に
夏期講習総合案内

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 「マイベストプロを見た」とお伝え下さい。 
 メールは「メールで問い合わせる」
    「フォームから問い合わせる」よりお願いします。

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師
小田原漂情
[[文京区の総合学習塾・言問学舎http://www.kotogaku.co.jp/]]

国語力が、思考力や判断力を養います。そのための勉強は、言問学舎でこそ!

この記事を書いたプロ

小田原漂情

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

小田原漂情プロのその他のコンテンツ

Share

小田原漂情プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情

有限会社 言問学舎

担当小田原漂情(おだわらひょうじょう)

地図・アクセス

小田原漂情のソーシャルメディア

rss
rss
2018-08-15
youtube
youtube
2011-06-23
youtube
youtube
2018-08-03

小田原漂情プロのその他のコンテンツ