まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
こばやしりえ

住まいを断捨離!今を整え未来を変える断捨離トレーナー

こばやしりえ(こばやしりえ)

やましたひでこ公認断捨離トレーナー

お電話での
お問い合わせ
090-4930-0920

コラム

夜の習慣にプラス10分でできる断捨離!~スポンジ・たわし・洗剤~

《一日一捨》断捨離ヒントアイテム

2016年7月14日 / 2016年7月15日更新

「時間がないので断捨離®できないんです。。」

仕事や家事、育児、介護。
今の女性は大忙し、時間に追われているから片付けは後回し?
いえいえ、時間に厳しい女性だからこそ、断捨離®するのです!

時間がないから、忙しいからできないというのは言い訳です。
潔く、行動を起こさない言い訳だったと認め、捨て始めましょう!
あえて、断捨離®の時間を作るのです。

何時間も必要ありません。
まずは試しに10分から。
夜の習慣の中にプラス10分でできる断捨離®
略して【夜断】を考えてみました。

今までの【夜断】はコチラ

【夜断】習慣にプラス10分~歯ブラシ・歯磨き粉・タオル他~

【夜断】習慣にプラス10分~シャンプー・コンディショナー~

【夜断】習慣にプラス10分~洗濯機・排水口周りのホコリ~

【夜断】習慣にプラス10分~洗面所・浴室の天井~

【夜断】習慣にプラス10分~鏡~




夜断(6)食器洗いスポンジ・たわし・洗剤



夜の習慣 食器の後片付け中に たった10分でできること!


(6)食器洗いスポンジ・たわし・洗剤









夜、食事をした後の片付け。
お皿洗いの際にプチ断捨離!

お皿洗いのスポンジ、どうでしょう?
くたびれていませんか?
そして予備、どのくらいありますか?


「100円ショップに行ったからついでに」

「腐るものではないし」

「あっ、買ったの忘れてた!」


交換すること、そしてストックの適量のマイルール、確認!




お皿洗いが終わって。
シンク周りなどを洗ったら お決まりの排水口!
ゴミを取り除き、カゴを洗い、磨きます。

排水口にはキャップがあり、臭気が上がらない構造になっている
お家がほとんどかと思います。
(マンションなどディスポーザー対応のお家はお気を付けください)
そのカバーの取って、水が溜まる場所もゴシゴシゴシ。


私事で恐縮ですが、毎日磨いています♪
断捨離は一にも二にも出口から。
出口のお手入れ、メンテナンスから。
出口が開けば自然と排出されていくのです。
見えないモノは見えるモノに現れています。
排水口、出口のお手入れを怠ると・・・・
怖いですよ~・・・



P.S. 私がキッチンシンクの排水口を毎日磨くようになったのは
単純に断捨離だけが理由ではないんです、実は。
とある有名イラストレーターさんの実話。
売れず、奥様のヒモのようになっていた彼は
家の家事を自分で引き受けます。
仕事はなく、気づけば家事が本業に。
情けなくなるも、好きなことをさせてくれる妻に
せめてもの自分が今できる感謝の形は・・・と考え
毎晩、キッチン仕事の後に排水口を念入りに磨いて
シンク周りも磨き上げたそうです。
その時は、単に「きれいだ」と「ありがとう」
その気持ちだけだったと振り返ります。
ところが、これが習慣になってから ポツポツと
仕事が入り、今では誰もが知るイラストレーターに。
断捨離を知れば、実践してくれば、わかります。
「人生の詰まり、停滞を自分で取り除いた」ということ。
いいもの、気になることは 徹底的に真似からやってみようと。
このお話し、あなたはどう感じますか?



次回もお楽しみに!

 こちらで詳しく掲載中 ⇒ 【夜断】一覧はコチラからどうぞ




断捨離メールレター【一日一捨】断捨離のヒント 無料配信中


  ただいま登録の皆様に
  『これならできる!断捨離®メールレッスン1週間 プレゼント中!』 
 ⇒ 登録はコチラから(金曜日は動画配信中)







◆◆…━─…━─…━─…━─…━─…━─…━─…━─
     ☆ ☆ 断捨離すると人生が輝きだす! ☆ ☆
━─…━─…━─…━─…━─…━─…━─…━─…━◆◆

  片付け、諦めていませんか?
  片付けの仕方を知らないだけかもしれません。
  人生に停滞、諦めを感じていませんか?
  諦める前に、断捨離にチャレンジしてみませんか?

  こばやしりえ は 片付けが苦手で大っ嫌いだった経験から
  断捨離実践の経験を通してあなたを片づけられるまで徹底サポートいたします!






   

  
  ◎ 断捨離トレーナーこばやしりえ 毎日更新ブログ&HP はコチラ
 
  ◎ こばやしりえの実績はコチラ

  ◎ こばやしりえの断捨離®セミナー・講習会情報はコチラ

 

この記事を書いたプロ

こばやしりえ

こばやしりえ(こばやしりえ)

こばやしりえプロのその他のコンテンツ

Share