まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
高塚哲治

欠陥住宅問題を解決し良質な建築の創造へ導くプロ

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

コラム

災害(2)

旬の話題

2012年7月6日 / 2018年8月27日更新

 地形的特徴により《予想される地盤状況》と《建築物の地盤としての良否》を概ね確認することができます。不適当な場合は、何らかの「地盤補強工事」が必要になります。但し、地盤性状は各々の敷地により異なることから、各敷地での「地盤調査」と「地盤の評価」は不可欠です。
 また、地名は「軟弱地盤」を見分ける目安ともなります。【添付資料は、「小規模建築物を対象とした地盤・基礎:日本建築学会」からの引用です。】






地盤調査/地盤評価/鑑定

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

高塚哲治

高塚哲治(たかつかてつじ)

高塚哲治プロのその他のコンテンツ

Share

高塚哲治のソーシャルメディア

rss
ブログ
2017-02-06
twitter
Twitter
2018-08-29
facebook
Facebook
google-plus
Google+