まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
佐井惠子

家族の問題(成年後見、相続、信託)のプロ

佐井惠子(さいけいこ)

佐井司法書士法人

コラム

外出自由なグループホーム ☆成年後見vol.10④☆

成年後見と身上監護

2012年9月24日 / 2014年5月23日更新

こんにちは、司法書士佐井惠子です。
日曜日に、保佐人をしている方のところへ、月に一度の面会をしてきました。
訪ねると、グループホームの近所のお好み焼き屋さんに出かけているとのこと。
それならと、押しかけて行きました。
結局、昼間からノンアルコールビールを少しお相伴して、ホームの職員さんと、
お好み焼き屋さんであり、町会の副会長さんでもある頼りがいありそうなおかあさんと、
ご本人とで、2時間ほどおしゃべりをしました。

こちらほど自由に外出のできるグループホームは、珍しいです。
このような施設では、どちらでも、玄関に鍵がかかっていて、
自由に出入りできないようになっていることが常です。
ところがこのグループホームでは、突然、外出すると言って玄関を出たとしても、
すぐに職員の方が一緒に付き添ってお散歩したり、
それをご本人が嫌がった場合には、そっと後ろからついてきて、
帰り道がわからなくなったところを、偶然出会ったようにして連れ戻して下さいます。

おしゃべりの中身は、色々ありますが、
若い頃、会社からコンサートのチケットを買って、よく聴きに行ったと言うので、
それなら、お小遣いを貯めて、チケットを買おうということになり、
職員さんも一緒に、何人かで聞きに連れて行ってもらえることに。

また、グループホームから電車に乗って、一泊二日の旅行に出かけるので、
どこに行きたいかの相談だとか。
ともかく、親しい方たちと、旅行に行けることが今から楽しみの様子です。

グループホームといえば、女性入居者の比率が圧倒的に多く、
まだまだ若い男性を受け入れてくれるところは少ない状況です。
静かで穏やかな空気の流れているグループホームもありますが、
この方には、それではエネルギーを持て余してしまいそうです。

今日、お好み焼き屋さんでおしゃべりをしながら、
この方は、自分にあった施設に巡り合えて良かったと思いました。
建物が新しくて綺麗だとか、職員さんが制服を着てきっちりとしているだとか、
どこに住まうかの判断基準はそれだけではなく、
ご本人の、それぞれの個性や状態にあった施設を選ぶことが、
いきいきと生活を楽しむことに繋がってくるのでしょうね。

笑顔の輪が広がりますように。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お身内に、判断力に不安の出てきている方。
親族後見人や市民後見人をなさっている方。
成年後見人の申立をしようと思っている方。
佐井司法書士事務所では、ご相談を承っております。
お気軽にご連絡下さい。
ご連絡は、こちらまで(http://www.sai-shihou.jp/inquiry/index.html)
お電話では(06-6365-1755)「マイベストプロを見た」とお伝え下さい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
司法書士佐井惠子
http://sai-shihou.jp



この記事を書いたプロ

佐井惠子

佐井惠子(さいけいこ)

佐井惠子プロのその他のコンテンツ

Share