まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
佐井惠子

家族の問題(成年後見、相続、信託)のプロ

佐井惠子(さいけいこ)

佐井司法書士法人

コラム

ここぞの、馬場万の鞄

日々のこと

2011年10月7日 / 2014年5月23日更新

馬場万の鞄

こんにちは、司法書士佐井惠子です。
私にとっての『勝負服』は、大阪心斎橋の馬場万の鞄です。
http://babaman.com/index.html
司法書士にとって、不動産取引の立ち会いは、どんなハプニングが起きるかわからない、
「気合一発!」の場面です。
そんな場に、この馬場万の鞄を持っていっています。

今まで、持ち物自慢をしたことはなかったですが、今日は、なんとか美人に撮ろうと、力が入っています。
スカーフなんて敷いて、お化粧しすぎかもしれませんが・・・。

弁護士さんも、傍から見て、大変だなあと思う位に、事件記録で重くなった鞄を下げていらっしゃいますね。
美容学校の生徒さんでしょうか、黒い大きなショルダーバッグを持ち運んでいる姿を見かけます。
私も、荷物が重くて、更に、パソコンを使うので、肩や背中はパンパンに張っています。
それだけに、最近はプラダのバッグばかりを持ち歩いていますが、
やはり、大切な書類をお預かりする、そういった場面には、この鞄に入れるようにしています。

仕事で持つ鞄ですので、大き目ですが、それでも、紳士物よりも小ぶりな仕上がりです。
それもそのはず、私がデザインし、サイズも指定して、皮を選んだ、
オール手縫いの、首を長くして出来上がりを待った、そんな仕事鞄だからです。
そう聞くと、少しでも綺麗にと思う気持ちも、分かっていただけますよね。

お天気もよさそうですし、今日は、久々にこれを持っていきます。
気合を入れて!

司法書士佐井惠子
http://sai-shihou.com

この記事を書いたプロ

佐井惠子

佐井惠子(さいけいこ)

佐井惠子プロのその他のコンテンツ

Share

佐井惠子のソーシャルメディア

google-plus
Google+