まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
舘慶仁

低コストで納得のいくリフォームをするプロ

舘慶仁(たちよしひと)

リフォームワーク

お電話での
お問い合わせ
06-6195-4552

コラム

暗くて見栄えの悪い裏のブロック塀を明るくリフォーム

外装リフォーム

2014年8月23日 / 2017年10月14日更新

裏口の壁がブロック塀で光も風も入らず裏口がどんよりと暗い場所になっている場合が多いです。
そんな時は思い切ってブロック塀を解体して光と風をと取り込みましょう。


裏口がブロック塀で囲まれて、ブロック塀の上部の空間と、本体建物外壁の隙間がわずかな開口です。
実際に建物側から外を向くと、僅かな隙間から空が見える程度で、光の取り込みが少ないです。


ブロック塀を解体、裏口をリフォームします。


ブロック塀解体後、規格のテラス屋根を新設し、ブロックで基礎を設け、アルミで柱を組み不透明のポリカーボネードの波板を壁に貼り、アルミの勝手口を取り付けます。


不透明のポリカなので採光は取れますが、中まで見えずプライバシーが保てます。
明るいバックヤードになりました。
このようにアルミ製の柱を使えば、規格のエクステリア商品にとらわれず、自由に所選ばず壁や屋根を設置することができます。また規格のテラス屋根と組み合わせることでより幅広いプランが可能になります。
テラスやテラス囲い、ストックヤード等も規格商品では対応できなくても、いか様にも工夫することができます。

玄関アプローチの雨除けエクステリアリフォーム 摂津市事例
重い瓦屋根をリフォーム 大阪市西淀川区事例
外階段防水工事  大阪市旭区事例
屋上防水 大阪市福島区事例

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  Eメール:info@r-work.jp 舘まで
リフォームワークのHP

長屋のリフォームをお考えならリフォームワークへ!
リフォームワーク社長 舘慶仁のすべてがわかるブログ

お問い合わせ 電話:0120-41-5858  
あの古家がこの予算で変わる リフォームワークのHP

この記事を書いたプロ

舘慶仁

舘慶仁(たちよしひと)

舘慶仁プロのその他のコンテンツ

Share