まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

コラム

不動産の購入 周辺の利便性の調査

私の不動産コンサルタントに対する想い。

2018年5月13日 / 2018年8月18日更新

周辺利便性の調査ポイント


●購入希望の不動産 周辺の利便性は?

不動産を購入する時、周辺の利便性は必ず調査する必要があります。
ポイントは次の通りとなります。


①交通機関

通常は、最寄駅までの徒歩またはバスの所要時間を、通常の経路にしたがい調査します。なお、徒歩による所要時間は、「不動産公正競争規約」により、道路距離80mにつき1分間を要するものとして計算しています。

②スーパーやコンビニ

最近では、共働きの夫婦など多いので、スーパーや特にコンビニの調査は欠かせません。

③嫌悪施設の有無

墓地・高圧線・工場・資材置き場・ガソリンスタンド・幹線道路・線路・ごみ置き場など物件に隣接、あるいは、近隣に存在する施設についても調査が必要となります。

④病院

居住地の近くにあれば当然利便性は高まります。特に子育て世帯や高齢世帯には身近な問題となり、病院の存在は重要です。

⑤金融機関

意外と見落とされるのが金融機関の存在です。取引銀行(給与等振込銀行)が近隣にあれば利便性は高まります。

⑥育児施設・幼稚園・学校

子育て世帯においては、学区を指定して物件を探索するケースも良くあります。常に物件選び条件の上位を占めます。特に幼・小・中学生のいる世帯については「学区」は避けて通れません。

今ではネットで比較的容易に調査ができますが、やはり対象物件の周辺を自動車、自転車、徒歩で散策気分で調査するのが一番だと思います。

●「嫌悪施設」は人それぞれの感覚で違ってきます。また、その施設を利用している人、その施設で働いている人にとってはありがたい存在です。



○営業時間 平日9:00~17:00 土曜日9:00~1300  日曜・祝日は定休日です。
○随時、不動産相談の受付をしています。(定休日も可)
○売買・賃貸借のご依頼もお受けしています。
不動産買取ります。

この記事を書いたプロ

宮本裕文

宮本裕文(みやもとひろふみ)

宮本裕文プロのその他のコンテンツ

Share

宮本裕文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文

有限会社富商不動産販売

担当宮本裕文(みやもとひろふみ)

地図・アクセス