まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

コラム

賃貸住宅のコンセプト。(入居者のイメージと賃貸住宅のメリット。)

収益不動産の経営は。

2015年12月14日 / 2018年8月10日更新

入居者のイメージと賃貸住宅のメリット。


持家派か、賃貸派か、永遠のテーマかもしれません。

*賃貸住宅の入居者イメージから、その特徴や住宅に対する指向を次のように
分類することが出来ると思います。(あくまでも個人的な分類となりますが。)

① 賃貸住宅の入居者像
・(こだわらない賃貸派)  
特徴  持家を購入する意思も意欲もない。
指向  賃料は安ければ安いほどよい。

・(とりあえず賃貸派)
特徴  将来は持家を購入したいので、現在は節約中。
指向  最小限の居住性能は求めるが、賃料の安さを優先。

・(あえて賃貸派)
特徴  持家と賃貸とを比較したが、現時点では賃貸住宅の生活の方が適している。
指向  住空間や設備に多少の付加価値のついたグレードを求める。

・(当然賃貸派)
特徴  持家に魅力を感じない、単身赴任や転勤など賃貸住宅で十分満足。
指向  仮住まいの感覚で、設備等の機能が充実していれば満足。

・(絶対賃貸派)
特徴  住宅は絶対に賃貸。良質な賃貸住宅に住み、現在の生活を楽しみたい。
指向  賃貸住宅のメリットを最大限実現したい。分譲マンションの賃貸物件を好む。


② 賃貸住宅のメリット
・(地域選択の自由)  好きな時に好きな地域に移り住むことが可能。
・(環境選択の自由)  家族構成の変化により環境を選択できる。(学区など)
・(広さの選択の自由)  家族の構成人数により住宅の大きさを選択できる。
・(近隣住民の選択の自由)  近所トラブル回避のため引越しが可能。

それ以外にも、維持管理費・税金等のメリットもありますが、やはり一番のメリットは
「自由」だと思います。

持家と賃貸の違い。(失火法)


○随時、不動産相談の受付をしています。 メールでの受付は
○メールでのご相談もお受けしています。  メールでの相談は
○不動産のセカンドオピニオン 岡山市の不動産コンサルタント 宮本裕文
料金表
セミナー

この記事を書いたプロ

宮本裕文

宮本裕文(みやもとひろふみ)

宮本裕文プロのその他のコンテンツ

Share

宮本裕文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文

有限会社富商不動産販売

担当宮本裕文(みやもとひろふみ)

地図・アクセス