まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
光畑浩美

音楽を「魂の薬」として生きる力に繋げるプロ

光畑浩美(みつはたひろみ)

一般社団法人全日本らくらくピアノ®協会 

お電話での
お問い合わせ
06-6734-3339

光畑浩美プロのコラム一覧

「 ピアノより大切なもの。 それはやっぱり、人との繋がりですよ。 」 少し不器用そうに、静かにお話して下さるのは、元会社役員の男性。 ( 60代後半 )「 男性は、会社を退職したら、本当に寂しいものですよ。朝、目を覚まして、どこへ行こうかと考える。そのうち、ため息が出て、...

「 あーっ、痛い! 音楽の授業がある日は、胃がキュ~ッとなるんですよ。 」彼女は、幼稚園の先生。 40代の働き盛りとはいえ、多忙である。「 幼稚園の先生はね、ピアノ演奏だけでなく、絵も書いて、自然観察もして、お便りも書いて、運動会の練習もして・・ とにかく大変なんですよ。 ...

「 もう一度最初から、弾いてもいいですか? 手に力が入らなくて。。」緊張しながら演奏するのは、60代前半の女性。今日で、レッスン3回目。 習い始めたばかりだ。♪ 遠き 山に 日は落ちて ・・ ♪  かの有名な、 『 家路 』 だ。「 この曲は、ドボルザークがアメリカ滞在中に...

連日、猛暑が続いている。 「 今日も暑いですね。 」「 ええ。 でも、平気ですよ。 クーラーの中で悠々とピアノを弾いて、眠くなったらお昼寝。 家来のいない女王様みたいでしょ。 (笑) 」軽快にお話するのは、70代後半の女性。旦那さんは、ゴルフに夢中だから、自分も趣味を楽し...

習いごと。 これには、ゴールが無い。先週より上達している50代・女性に、声を掛けた。「 まぁ~!、御上手になって下さいましたね! とても良いですよ。 」しかし表情一つ変えず、すぐ返事が返ってくる。「 いえいえ。 なかなか出来ません。 」負けずに誉め続ける。「 でもこん...

お知らせ

2010-07-24

この度、大阪で活躍中の、『 らくらくピアノ大阪支部 公認講師 』 が、マイベストプロ大阪に掲載される事となりました! ( 間もなく掲載開始です。 )今後は、山陽新聞社マイベストプロ岡山・読売新聞社マイベストプロ大阪のお力添えを得て、「 らくらくピアノⓇ 」 を広めてまいり...

「 この曲を聴くと、湧き立つような気持ちが、抑えられなくなるんです! 」何の曲かと思ったら、交響詩「 モルダウ 」 ( スメタナ作曲 ) だ。60代後半の女性。 普段は、田んぼや畑で大忙し。働き者の手は、少し不器用そうに、鍵盤に触れている。「 モルダウの豊かな川を、想像...

「 これは何ですか? 」最近ようやく、両手が弾けるようになった、60代後半の女性。ピアノの足元を指さしている。「 一番右が、ダンパーペダルと言います。 音が、のびるんですよ。 」「 んっ? 音がのびる? 3つあるから、アクセル・ブレーキ・クラッチペダルかと思ってましたけど...

「 人から見たら、歳を取っているように見えるかも知れないけれどね、自分では、まだ若いつもりよ。 」そう語ってくれるのは、78才の女性。今、練習している曲は、『 浜辺の歌 』(テキスト44ページ)。『 ♪ あしたー 浜辺を さまよえば・・ ♪ 』毎日2階の部屋で、小さな声で歌...

「 あ~っ!! こうしてはいられない! 何かしたくてたまらないんですよ!! 」そう言ったのは、定年を迎えたばかりの60代前半の男性。現役時代は、仕事一筋。 重い責任を担っていたので、ゴルフ以外は、特別な趣味が無かったとの事。第2の人生のスタートに、家に眠っているピアノに...

「 今、一番の願いごとは何ですか? 」 と、受講生に尋ねてみた。「 やっぱり、家族が健康でいてくれる事かな。 」「 勿論それが一番だけど、ついでに、この腰も治らないかな。。 」「 元気なうちに、あちこち旅行に行きたいね。 」「 私は、金ののべ棒を抱えてみたい。 」「 え...

「 この間の試合、凄かったですね。 」「 はい! お蔭で、頭の中がサッカーだらけです(笑)! 」毎日仕事が忙しそうな、30代前半の若い男性だ。職場でも、サッカーの話題が多いらしい。 「 先生! W杯で流れる、あの曲を弾いてみたいです! 少しでも構いません! 無理でしょうか...

今年はショパン生誕200年。 皆んなでショパンの 「 別れの曲 」 を演奏する事になっている。「 おかしいなぁ。。 目は見えてるけど、指が動かないっ!やっぱり、辻井伸行さんは、特別かな。。 (笑) 」「 辻井伸行さん? あっ、今話題の、盲目のピアニスト? 」「 あの方の...

ある日突然、受講生には内緒でホールを借りてみた。「 今日はここで授業をします。 グランドピアノがありますから、 どうぞ、ご自由に弾いてみて下さい! 」舞台のスポットライトを浴びているピアノ。 眩しい。。  とても敷居が高い。  お客はゼロ。 受講生のみだが、誰一人恐れ...

「 大人のピアノはね、独学で練習する人が多いんですよ。 」「 自分で弾けそうな楽譜を、アレコレと探して、買っていく人が随分増えました。 」と、有名な問屋さんが言った。60代後半の男性。 先日受講された方も、このタイプだった。「 音を小さくして、内緒でずーーっと練習してきた...

光畑浩美プロのその他のコンテンツ

Share

光畑浩美のソーシャルメディア

facebook
Facebook