マイベストプロ岡山
中村有作

損害賠償と労務関係のプロ

中村有作(なかむらゆうさく) / 弁護士

中村法律事務所

お電話での
お問い合わせ
086-223-1751

コラム

テレワークによるセクハラ~リモートセクハラ

2020年5月18日

テーマ:労働事件

コラムカテゴリ:法律関連

コラムキーワード: 働き方改革

新型コロナウイルス拡大に伴い、企業でもテレワークが活用されるようになりました。
ZOOMなどを利用したオンライン会議も盛んになっています。
オンライン会議では直接の接触もないのでセクハラ等は無縁とお考えの方も多いでしょう。
ここに以外な落とし穴があります。
1)「〇〇ちゃんの、私服はかわいいねえ。そんな部屋だったんだ。すっぴんも奇麗だね。」
  などと会社にいる時はなかった発言をされる方もいます。
2)自宅にいる気安さからか男性社員などはズボンをはかないで会議に参加されるなんてこと
  もあります。
3)深夜に特段必用がないのに、オンライン会議を迫ってくる等
セクハラは何も身体的接触に限定はされていません。
性的な言動も当然その対象となります。
セクハラには、対価型と、環境型の2つがあるといわれています。
上記の例は環境型のセクハラとなりますので、十分ご注意下さい。

この記事を書いたプロ

中村有作

損害賠償と労務関係のプロ

中村有作(中村法律事務所)

Share

関連するコラム

中村有作プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-223-1751

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中村有作

中村法律事務所

担当中村有作(なかむらゆうさく)

地図・アクセス

中村有作プロのコンテンツ