マイベストプロ岡山

コラム

兼業容認と労働時間~書類送検された事案も

2020年2月12日 公開 / 2020年7月12日更新

テーマ:労働事件

コラムカテゴリ:法律関連

コラムキーワード: 働き方改革

これまでは「兼業禁止」としていた企業が多かったですが、多様な働き方を認めるという方向になりました。
その場合、2つの事業所での時間を測定することはなかなか困難でした。
AさんがXとYの2社で勤務していたとします。
X社で6時間、Y社で2時間働いていたら、労働時間は8時間に収まります。
ところが、Y社で3時間働いていた場合どうなるでしょうか。
X社は、Y社で兼業していたことを知らなかった。Y社はXで兼業しているとは知らなかったと主張し、
違法な残業はさせていなかったと主張するでしょう。
ところが、このX社、Y社の経営者が同じケースで、労働基準監督署(三重・伊賀労働基準監督署)が書類送検したケースがあります。
今後は兼業の流れは止まらないと思いますので、どのように労働時間を把握していくかが問題となるでしょう。

この記事を書いたプロ

中村有作

損害賠償と労務関係のプロ

中村有作(中村法律事務所)

Share

関連するコラム

中村有作プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-223-1751

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中村有作

中村法律事務所

担当中村有作(なかむらゆうさく)

地図・アクセス

中村有作プロのコンテンツ