まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
中村有作

損害賠償と労務関係のプロ

中村有作(なかむらゆうさく)

中村法律事務所

お電話での
お問い合わせ
086-223-1751

コラム

企業採用時の問題点

労働事件

2017年1月21日

労働を取り巻く環境が一変しています。
企業が採用時に戸籍謄本を調査したことが問題となりました。
「戸籍謄本」の提出を求めている企業は2割にものぼると言われています。
「戸籍謄本」の提出は出生地や家族構成が判明し、差別につながると禁止されています。
また採用面接で「残業可能か」との質問する企業が3割を超えているとも報道されています。
本来法定労働時間は1日8時間以内、1週間40時間以内で、残業はあくまでも例外です。
企業としてはできるだけ労働時間に柔軟に対応できる社員、残業可能な社員を採用したいのが本音です。
しかし、結果的には残業に対応しにくい女性が採用時において差別を受ける可能性は否定できません。
今労働をとりまく環境が大きく変化しています。企業にはその早急な対応が求められています。

この記事を書いたプロ

中村有作

中村有作(なかむらゆうさく)

中村有作プロのその他のコンテンツ

Share

中村有作のソーシャルメディア

rss
弁護士中村有作のブログ
2018-03-29
facebook
Facebook

中村有作プロのその他のコンテンツ