マイベストプロ信州
下田茂

アイデア等を特許・商標等の権利にするプロ

下田茂(しもだしげる) / 弁理士

みらい国際特許事務所 長野オフィス

コラム

無形資産(知的資産)の価値活用<1>

2020年2月15日

テーマ:無形資産

コラムカテゴリ:法律関連

 知的財産の本来の話題からしばらく離れていましたが、今回から無形資産(知的資産)の重要性について書きたい思います。
 最初に、用語について整理すると次のようになります。
     ◆資産…◇有形資産              〔自動車,設備等〕
         ◆無形資産…◇人的資産        〔人的技能等〕
               ◇基盤資産        〔企業文化等〕
               ◆知的資産…◇著作権   〔音楽・文学等〕
                     ◆特許権   〔技術〕
                     ◆実用新案権 〔小技術〕
                     ◆商標権   〔ネーミング・マーク〕
                     ◆意匠権   〔デザイン〕
 「資産」に関する体系は、大体、上のようになります。決まった定義はないため、ケースによっては、知的資産の中に人的資産や基盤資産を含めることもあります。もちろん金融資産などもどこかに含まれます。
 細かな分類はともかく、この中で大きく分けられるのは「無形資産」と「有形資産」です。
 「有形資産」の場合、300万円の自動車を所有すれば、目に見える形があるがゆえに、誰が見ても、その価値の判断に大きなブレは生じないと思います。
 しかし、「無形資産」については、そもそも形がないため、それぞれの頭の中で形を想像(イメージ)するしかありません。想像すらできなければ、0円(無価値)と判断するでしょうし、しっかりとビジョンを持って行動できる人であれば、1億円と判断するかもしれません。
 このように、「形」のないものに対する価値の判断は、人によって大きく分かれます。したがって、人それぞれの人生を決めてしまうかもしれませんし、企業の場合には、経営判断を大きく左右することにもなります。形のない「無形資産」をどのように捉えるかは、人生や企業経営に直接影響を及ぼす重要な要素になります。
 今、新型コロナウィルス(COVID-19)が発生し、企業も個人も未知の不安に直面しています。
 このような未知のウィルスも、いわば肉眼ではっきりと把握できないため、「形」のないものに対する判断力がそのまま影響するかもしれません。例えば、身近に重篤な感染者が発生したとき、それを見てはじめて、これは「大変な事態」になったと判断するかもしれませんし、危機意識が高い人であれば、未知のウィルスが発生したという情報が入った時点で、これは「大変な事態」になるとイメージできるかもしれません。
 そして、無形のものに対する判断は、個人レベルであれば、容易に修正もできますが、企業の経営者や国の指導者など、上層側へ行くほど、その判断による影響は広範囲に及ぶため、容易に修正できませんし、修正自体もできなくなってしまいます。
 数日前、国内ではじめてウィルス感染による死者が出るなど、新型コロナウィルスによる影響も重要なフェーズに入ったと感じています。話がやや脱線してしまいましたが、次回以降、「無形資産」の重要性について触れていきたいと思います。

この記事を書いたプロ

下田茂

アイデア等を特許・商標等の権利にするプロ

下田茂(みらい国際特許事務所 長野オフィス)

Share

下田茂プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
026-228-3828

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

下田茂

みらい国際特許事務所 長野オフィス

担当下田茂(しもだしげる)

地図・アクセス