まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ信州
下田茂

アイデア等を特許・商標等の権利にするプロ

下田茂(しもだしげる)

みらい国際特許事務所 長野オフィス

コラム

「特許」と「実用新案」の違いは?

実用新案

2013年8月10日 / 2018年8月18日更新

 「特許と実用新案の違いは何ですか?」
 質問を受ける中でもこの質問が最も多いかもしれません。そこで、二つの違いを分かり易くまとめてみたいと思います。なお、「実用新案」は、世界の中でも日本を含め数カ国しか制度として持っていませんが、日本は、多くの中小企業で成り立っており、「実用新案」はそれなりの価値ある位置付けとなっています。「特許」と「実用新案」を含む「産業財産権」の体系は次のようになっています(イラストは特許庁HPより)。

 「実用新案」の今昔についてですが、「実用新案」はその昔(私が仕事を始めた頃)は、「大発明」は特許、日常のちょっとした改良等の「小発明(考案)」は実用新案という見方がありました。現在もこのような基本的な見方は変わりませんが、この見方は大きく後退し、むしろ戦略的に特許を補完するような制度に代わっています。分かりやすく言えば、
 < 特許 >:免許がほしい場合、試験に合格すれば免許証を発行しますので、それで運転して下さい。
 <実用新案>:免許がほしい場合、目が不自由でなく未成年でなければ直ぐに免許証を発行します。ただし、運転する場合には、運転能力があるか否かチェックしてもらい、チュック済のステッカを車に貼って乗って下さい。
 というような感じでしょうか(^_^;)。
 したがって、発明レベルの高い低いよりも、特許を補完する観点から戦略的に利用する人が増えています。主な相違点は次のようになっています。

           < 特許 >     <実用新案>
 〇 内容審査の有無     有          無(形式のみ)
 〇 権利の成立      遅い        早い
 〇 保護期間     出願日から20年  出願日から10年
 〇 保護対象      物,方法        物
 〇 権利行使     特に条件なし   技術評価書提示が条件

この記事を書いたプロ

下田茂

下田茂(しもだしげる)

下田茂プロのその他のコンテンツ

Share

下田茂プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
026-228-3828

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

下田茂

みらい国際特許事務所 長野オフィス

担当下田茂(しもだしげる)

地図・アクセス