マイベストプロ宮城

コラム

ライブリーディング「ブーケ」出演者の声 ⑦

2020年3月27日 公開 / 2020年6月2日更新

テーマ:舞台・ステージ

コラムカテゴリ:くらし

令和元年 12月8日㈰ 14時から ホテルメトロポリタン仙台 において
ステージ・アップ 主催の朗読会 「ライブリーディング vol,8 ブーケ 」
~言葉をこころの窓にして~ を上演しました。



ステージ・アップではこれまで、
様々な楽器の演奏とのコラボレートや朗読劇などを行って参りましたが、
今回は、年齢も、職業も、ライフスタイルも様々なメンバーが、
一輪の花を 一本一本束ねて 「ブーケ」 にするように、様々な作品をお届けしました。

今日は 「出演者の声」 をお届けします。


⑦ 「んまんま」 より 「丸ごとスイカ」 (円田さち子)

今回初めて、長野先生の朗読会「ライブリーディング ブーケ」に参加させて頂きました。
私は、マンドリンのサークルに所属していて、「演奏会」 の経験は何度かありますが、
「朗読会」は、まさしく「初舞台」でした。



今回私が読んだのは、
犬丸りん・作「んまんま」~あの頃、あの味、あのひとびと~より「丸ごとスイカ」という作品。
笑えて、おいしく、懐かしい「食べ物エッセイ」です。



そして迎えた当日。
気がつくとそこには、緊張しながらも楽しんでいる自分がいました。



「読み手が、楽しいと思って読めば、それは必ず聴き手に伝わる!」
これは、レッスンの時に長野先生から頂いた言葉です。



まさしく、その通りでした!!
来てくれた友達からも「楽しかった〜」「朗読会ってすごいんだね!」などと言ってもらえ、
この会に参加することが出来て、本当に良かったと思います。



先生はじめ仲間の皆さん、聞きに来たくれたお客様達にも、
「ありがとうございました!」 という感謝の気持ちでいっぱいです。
今回の「初舞台」を糧に、これからも色々な作品を読んでいきたいと思います。(円田さち子)


当日の詳しい模様は、こちらをご覧ください!
「ワクワクした初舞台」(円田さち子) 
https://www.stage-up.info/contents/cat9/post-129.php

この記事を書いたプロ

長野淳子

生きた言葉のプロ

長野淳子(ステージ・アップ)

Share

関連するコラム