まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
笠中晴司

交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

コラム

あおり運転とドライブレコーダー

時事ネタ「交通事故」

2017年10月18日

東名高速での不幸な事故(事件?←私の私見では,「危険運転」というよりは,「監禁致死」(少し難しく説明すると,「『監禁』という状態においた結果,その『監禁』状態に内在するリスクが顕在化して,死に至らしめる」罪です。)のほうが法律構成としてはシックリきます)以来,「あおり運転」に関する報道が連日のようにされています。

それら報道で,着目されているのが,被害防止のための予防法のひとつとして,あおり運転等の状態をきちんと記録しておくためのドライブレコーダーです。

振り返ってみると,私が,交通事故の証拠として,「ドライブレコーダーが有効」と書いたのが,2013年6月の下記のコラムですが,そこから4年強が経過しています。

http://mbp-kyoto.com/ko2jiko/column/8150/

今回の報道などをきっかけに,ドライブレコーダーの設置された車両の比率が増えることは間違いありません(実際に販売店に対する問い合わせが激増しているようです)。

そのようにドライブレコーダーが普及する効果として,本日のテレビ番組で言っていたのが,あおり運転も含む「危険な運転」の抑止効果です。

つまり,ドライブレコーダーで記録している車両が多数あるということは,常にドライブレコーダーで記録されているという意識をもって,危険運転をするドライバーも運転するので,危険運転を回避するようになる。

さらに,ドライブレコーダーを設置しているドライバーも,自身の運転の様子もドライブレコーダーで後からわかってしまうので,自身の運転にも気をつけるようになるということでした。

このような良いことづくしのドライブレコーダーなら,皆様もぜひ設置をご検討されてはと思います。

もちろん,私が以前書いたように,裁判では,ドライブレコーダーの記録は,最も有力な証拠となると言って過言ではありません。

なお,最後に私が経験した交通事故の事例をふりかえると,ドライブレコーダーを設置している車両でも,「故障した」とか「記録されていなかった」とか言って,出してこない例もあるのが,不思議なところです(あくまで,「推測」ですが,自身に不利な映像がある場合は,隠してしまっている?)。

================================
交通事故の話題を中心に多数のコラムを書いています。
過去のコラムは,こちらから見ていただくのが便利ですので,よろしくお願いいたします。
http://mbp-kyoto.com/ko2jiko/column/17895/
================================

この記事を書いたプロ

笠中晴司

笠中晴司(かさなかせいじ)

関連するコラム

笠中晴司プロのその他のコンテンツ

Share

笠中晴司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司

丹波橋法律事務所

担当笠中晴司(かさなかせいじ)

地図・アクセス

笠中晴司プロのその他のコンテンツ