まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
笠中晴司

交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

コラム

交通事故の被害者側の弁護士,加害者側の弁護士

交通事故 実際の例など

2016年10月20日 / 2017年3月3日更新

弁護士として,交通事故の事件を扱っていると,「被害者側をされていますか」とか,逆に「加害者側をされていますか」とか聞かれることがあります。

弁護士のなかには,「どちらかの側,一方しかしない」というポリシーの方もいらっしゃるかもしれませんが,私は両方とも扱っています。

また,一部は某保険会社からの依頼により,加害者側の弁護士となることもあります。

そう言うと,「保険会社寄りの考えをする弁護士では」と被害者の方から疑われることもないではありません。

しかし,弁護士というのは,依頼者の利益を最大限実現するのが,仕事です。

もちろん,「法律的に許されない」,あるいは,「道義的,常識的にも許されない」とされるような利益を実現するようなことはしませんが,「できうる限り」の利益を追求するのが,弁護士の仕事と考えています。

よって,依頼者がどちら側であっても,その立場において,「依頼者に最大の利益が得られるこ」とを第一の目的として仕事をしているのは当然です。

そして,今現在,扱っている事件の数では,被害者側の立場のほうが圧倒的に多いのが実情ですが,それでも,加害者側の事件も引き続き担当するつもりです。

それは何故かというと,私は,色々な角度から物事を見ることにより,よりバランスのとれた考え方ができると考えているからです。

また,もっと具体的なメリットを言うと,保険会社から依頼された事件を担当すると,保険会社の考え方もよく理解できます。それは,相手方(被害者側の弁護士)という立場ではわからない部分もあると思います。

とすれば,そのときに得た知識が,被害者側となった時の解決策を考えるのに,役立つこともあると思っています。

================================
交通事故の話題を中心に多数のコラムを書いています。
過去のコラムは,こちらから見ていただくのが便利ですので,よろしくお願いいたします。
http://mbp-kyoto.com/ko2jiko/column/17895/
================================

この記事を書いたプロ

笠中晴司

笠中晴司(かさなかせいじ)

笠中晴司プロのその他のコンテンツ

Share

笠中晴司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司

丹波橋法律事務所

担当笠中晴司(かさなかせいじ)

地図・アクセス

笠中晴司プロのその他のコンテンツ