まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ高知

プロのコラム一覧

プロが執筆するコラムを新着順でご紹介します。

岡部早苗

岡部早苗プロ

キッチンのバリアフリーで料理の時間に楽しみを

バリアフリー住宅 2016-11-24

キッチンをバリアフリーにすることで、調理中に起こる事故の軽減を目指すことは日常生活を送る上で欠かせません。 また近年は、IHクッキングヒーターや手をかざすことで水を出したり止めたりできる水栓、車イスに対応した調理台など高性能のシステムキッチンが提案されているので、各家庭の状況に合わせて取り入れてキッチンライフを楽しみましょう。  足腰の負担を軽減できるようなキッチン設備に  料理を...

小串和久

小串和久プロ

税理士と契約されてない場合の税務調査対策

2016-11-22

税理士との顧問契約をされていない事業主の方は、税務調査対策はいかがされていますか? 開業税理士の中には税務調査対策として、調査時の立会をしていただける税理士も多数おいでます。 税務調査の場合、基本的には事前通知が税務署よりあり、日程を調整します。 日程が決まれば、税務調査対応の税理士に連絡を取り、日取りが合えば立会をしていただけます。 中には事前に申告内容等をもとに打ち合わせを行い、...

岡部早苗

岡部早苗プロ

寝室のバリアフリーのポイントは、長時間快適に過ごせるように

バリアフリー住宅 2016-11-22

介護・介助の必要を考えて、高齢の方の寝室などは、ベッドのまわりに人が作業できるような空間を確保しておきましょう。 また、小さくてもいいので手が洗えるような洗面台などがあるとケアの際に便利です。 また、温度・湿度に配慮するほか、緊急時への対応策もとっておきましょう。  快適な睡眠を得るためにも寝室の環境は大切  私たちは一日の三分の一を眠って過ごします。 眠るための大切な空間...

岡部早苗

岡部早苗プロ

階段のバリアフリー化で考慮すべき4つのポイント

バリアフリー住宅 2016-11-20

階段のバリアフリーでは、まず階段の形状、高さと幅に留意して安全を確保します。 手すりは可能ならば階段両側に設置しましょう。 足もとが暗い、階段ホールの光量が足りないといったことも、階段での事故を引き起こしますので、灯りについてもきちんと配慮しましょう。 日常生活空間内には、できる限り段差をなくしましょう。  階段の形状に注意  階段は住居の中でも、足を滑らせる、踏み外すなど...

岡部早苗

岡部早苗プロ

廊下のバリアフリー化は広さや明るさを考慮して

バリアフリー住宅 2016-11-18

廊下は、部屋と部屋をつなぐ家の中の道路です。廊下の危険をなくすことで、足元が不安な方も家の中を移動するなど自分ができることが増えたり、生活の幅を広げたりすることができます。できれば廊下は極力なくすことが、住宅の限られた面積を生かす面でも大切です。 廊下のバリアフリー化については、幅、段差、明るさ、手すりの配置など考慮すべき点がありますので見ていきましょう。  廊下をバリアフリー化する...

岡部早苗

岡部早苗プロ

トイレのバリアフリーは高齢者が自立して行なえる工夫を

バリアフリー住宅 2016-11-16

トイレに自分で行けることは、高齢者の尊厳を保つことにつながります。 手すりや暖房、便座の工夫など快適なトイレ空間に心がけましょう。また、寝室近くに設けることで動線をスムーズにすることができます。  トイレを自分でできることは人としての尊厳につながる  高齢者は家にいる時間が長く、トイレに行く回数も多くなります。お年寄りができるだけ快適で安全に利用できるようなトイレのバリアフリーを考...

岡部早苗

岡部早苗プロ

浴室のバリアフリーは○○をなくすことがポイント

バリアフリー住宅 2016-11-14

浴室は高齢者にとって、危険度の高い空間です。出入り、立つ・座る、体を洗う、湯船に浸かる。どの段階でも危険がないようにしておきましょう。 居室~脱衣場~浴室の温度差も高齢者にとって大敵です。温度をなるべく一定に保つ工夫を心がけましょう。  心身を癒やす空間には危険もいっぱい  一日の終わりのバスタイム。リラックスする時間です。お風呂は子供からお年寄りまで、家族全員が毎日利用する場所で...

岡部早苗

岡部早苗プロ

玄関にスロープを設置する際の費用目安と注意点

バリアフリー住宅 2016-11-12

家と外をつなぐ玄関を段差の少ない空間にすることで、高齢の方々にとって外出がスムーズになります。またサポートする人の負担も軽減できます。  スロープを設置するときの注意点。適した勾配とは?  スロープの勾配は、見た目には緩やかであっても、実際に歩いたり、車イスを押してあがったりすると意外に勾配がきつい場合があります。 門扉などから玄関までのスロープなどは、車椅子の利用を想定するのであ...

岡部早苗

岡部早苗プロ

玄関のバリアフリーは段差を解消することが基本

バリアフリー住宅 2016-11-10

スロープや昇降機、段差を解消する用具や手すりなどを設置して、玄関前の階段や玄関内の段差の解消に努めましょう。 実際に施工する際には、玄関スペースでどのような身体動作がなされるのか、という具体的な動線と、実際に住まわれる方の身体状況を考慮しておきます。 玄関のバリアフリーでは、照明と温度にも十分配慮しましょう。  玄関の段差を解消するためには?  ●道から玄関まで 外から戸建...

小串和久

小串和久プロ

税理士との契約を見直しませんか?

2016-11-09

皆様初めまして❗ 香南市にて税理士事務所を開業しております小串と申します。 高知県内外で事業活動展開しております。 この11月から登録いただきました。 さて、現在高知県内にも多くの税理士先生が登録され開業されています。 あまりご存知ないかもしれませんが、税理士の顧問料金は平成14年に自由化されました。 これにより、顧問先様の選択肢が広がりました。 多くの税理士先生が高知県内外に...

岡部早苗

岡部早苗プロ

バリアフリーの必要性と高齢化社会の現状

バリアフリー住宅 2016-11-08

戸建住宅を建てるときに限らず、私たちの生活の場のいたるところでバリアフリーという言葉を聞く機会が増えてきました。 「障がい者白書」では、物理的なバリア、制度的なバリア、文化・情報面でのバリア、そして意識上のバリアという4つのバリアを取り上げています。 さまざまなバリアフリーの施策が試みられるようになりましたが、その背景には高齢者や障がい者を含めた全構成員が「暮らしやすい社会をつく...

池田高彦

池田高彦プロ

煙突のある住まい 完成見学会のご案内

2016-10-27

コンセプトは スローライフ 『心豊かな暮らし方』 佐川町加茂に、ワンちゃんとのびのび快適に暮らせる住まいが出来ました。 ドッグバスや古民家風下駄箱、桧のフローリングや補助金を活用して実現させた こだわりの高品質ノルウェー製の薪ストーブなど、思いがたくさん詰まった住まいです。 見どころたくさん。 是非ご参考にして下さい!

池田高彦

池田高彦プロ

3会場同時、完成内覧会のご案内

2016-09-27

10月1日(土)・2日(日) にお施主様のご厚意により、高知市といの町にて、 お引き渡し前の完成内覧会を、3棟同時に開催させて頂きます。 施主様それぞれ十人十色のオンリーワンの住まいづくりをお手伝いしております。 ナチュラルモダン、カフェrスタイル、アジアンテイスト、それぞれ良さがあり素敵な住まい。 是非ご計画にお役立て下さい! また高知市近辺で3現場、こだわりの構...

穂盛正明

穂盛正明プロ

2016年 熊本地震 住宅地の地盤被害①

災害 2016-08-02

 2016年4月の熊本地震から100日  この度の熊本地震により、甚大な被害やたくさんの尊い命が失われました。 改めまして、被災された皆さま及びご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。 先日被災から100日経過しましたが、仮設住居もまだまだ不足しているようで 避難所生活を強いられている被災者の皆さまにも、お見舞い申し上げます。 現在、継続的に行っている地盤講習会は、去年の地盤...

穂盛正明

穂盛正明プロ

2016年 熊本地震 住宅地の地盤被害②

災害 2016-08-02

更新が大変遅くなってしまいました <m(__)m> コラム更新の準備をしている間に鳥取県中部地震が発生! そして今月28日には茨城県北部でも地震が発生しました! 地震の規模は大きいですが、震源が浅く局所的な被害になる地震が多いようです。 この年末の大掃除の際には、家具の固定や防災用品のチェックもやっておきましょう。 では続きです。  南阿蘇村へ  南阿蘇村は問い合わせ案件が...

由籐久和

由籐久和プロ

家計診断をFPに依頼するメリット

家計診断で家計の見直し 2016-07-25

消費税の増税や扶養控除の廃止など、家計に関わるお金の状況は今後厳しくなると予想されます。 「これからのことを考えて、そろそろ家計を見直したいけど、どこをどうすればいいのかわからない」というお悩みをお持ちであればファイナンシャルプランナー(FP)にご相談いただくことをおすすめします。 第三者の立場に立ったFPから、家計診断アドバイスを受けることによって客観的に自分の家計を見直す...

由籐久和

由籐久和プロ

住宅ローン借り換えのメリットとデメリットの比較が重要!

住宅ローンと資金計画 2016-07-23

住宅ローンの借り換えメリットは、返済利息額が削減できることです。 でも、事前に十分な情報収集をせずに借り換えをして、後から「こんなはずじゃなかった」とならないように、住宅ローンの借り換えのメリット、デメリットをご紹介します。  住宅ローンの総支払利息を減らせる借り換えの条件とは  住宅ローンの借り換えを行ってメリットがある条件の目安としては、住宅ローンの残り期間が10年以上あり、残...

由籐久和

由籐久和プロ

家計診断で老後破産回避!

家計の見直しを考える 2016-07-22

色々なところで目にすることが多くなった老後破産という言葉。 老後破産を回避する方法をお伝えします。  まずは家計診断で現状把握と将来設計作成  第1にすることは毎月、毎年の収支や貯蓄残高、貯蓄内容、加入保険の確認など家計診断で家計の現状を知ることが大切です。問題点を顕在化することで対処法も見えてきます。 その次に夢や想いを含めた将来設計をしましょう。子供は〇人、住宅取得は〇才...

由籐久和

由籐久和プロ

住宅ローンの頭金は本当に必要?

住宅ローンと資金計画 2016-07-21

住宅を購入する場合は、頭金を物件価格の2割準備した方がよいといわれています。その理由としては、以前は物件価格の8割までが住宅ローンで借入できる上限だったからです。 しかし、現在は物件価格を借入できる住宅ローンが増え、諸費用分の借入も可能な住宅ローンがあり、頭金がなくても住宅の購入は可能になりました。しかし、頭金が多ければメリットも多いのです。  頭金が多いほど借入金額は少なくてす...

由籐久和

由籐久和プロ

住宅ローンは固定金利と変動金利どちらを選ぶべき?

住宅ローンと資金計画 2016-07-18

住宅ローンを決めるときに悩むポイントは、住宅ローンのタイプを固定金利にするか、変動金利にするかではないでしょうか。 それぞれのメリット・デメリットをご紹介しますので、金額だけでなく自分自身が納得するための十分な検討を行って金利タイプを選びましょう。 どちらを選ぶにしても選択した住宅ローンに問題があるわけではなく、家計に対する意識や行動、ライフプランに問題があることを忘れずにい...

由籐久和

由籐久和プロ

住宅ローン繰り上げ返済のメリットとデメリット

住宅ローンと資金計画 2016-07-16

繰り上げ返済は将来の利息支払い分を減らし、完済を早めることができます。 将来的に払う利息軽減効果には有効ですが、無理をして繰り上げ返済をしてしまうことで、手元の現金が減ってしまい、急な事態に対応できなくなるという落とし穴も…。 ローン金利や家庭環境も判断材料にすること、借り換えの選択肢も考慮することは必要です。  繰り上げ返済は支払う期間が早ければ早いほど利息が減る  繰...

由籐久和

由籐久和プロ

家を購入しようと思ったときに最も重要な“資金計画”

家を購入する流れ 2016-07-14

どれだけ理想的な良い土地を買っても、どれだけ素晴らしい家を買ったとしても、お金が回らなければ全部ダメになってしまいます。 住宅ローンを払うために精一杯の経済状況だと、病気になったりリストラにあったりして収入が減る、住宅ローン支払額が上昇すると住宅ローンを払えなくなる危険が出てきます。 最悪の場合は家計が破綻して、離婚や一家離散ということにもなりかねません。そうならないためにも...

由籐久和

由籐久和プロ

家を購入するときの依頼先を選ぶ重要ポイント

家を購入する流れ 2016-07-12

家づくりは大きく分けて、工務店、ハウスメーカー、設計事務所の3つの依頼先があります。それぞれ仕事の内容に特徴があり、必要資金や家づくりに対する想いが違うことなどを知った上で、自分たちに一番合う依頼先を選びましょう。 また、どこに依頼をするにしても施主が主導で家づくりをすることが一番大切なことです。  地元密着型の工務店のメリットは?  地域の工務店には大企業から個人経営の小規模な所...

由籐久和

由籐久和プロ

家を購入するときに抑えておくべき必須のポイント

家を購入する流れ 2016-07-10

家を購入する時は、「理想の住まいを手に入れられる」と、よいことばかりに目がいってしまいがちですが、実は家の購入に関するトラブルは絶えません。家を購入する際の注意点や気をつけるポイントをご紹介します。  家の種類と場所のメリットデメリットを把握しておくこと  住宅を購入するといっても、住宅にはさまざまな種類があります。新築の注文住宅、新築の建売住宅、新築のマンション、中古の一戸建て、中...

由籐久和

由籐久和プロ

家を購入するときに、貯金はいくら必要?

家を購入する流れ 2016-07-08

住宅を購入したい場合に、頭金を貯めなければと考えられる方は多いと思いますが、今のような低金利の時期に頭金を貯めても損する場合があります。頭金は購入資金の20~30%必要とか、諸費用の分も貯めておきましょうというアドバイスもありますが、まずは今ある貯金で購入できるかどうかを確かめてみるのが良いでしょう。  欲しい土地や建物の金額を確かめ、諸費用の金額を概算する  まず初めにすることは、...

由籐久和

由籐久和プロ

家を購入する流れ。家の種類で異なる手続き方法と費用

家を購入する流れ 2016-07-06

住宅購入の時に、家の種類によって手続きやお金が掛かるタイミングが違います。注文住宅では土地を買って家を建てるため、建売の一戸建てに比べて手続きやお金を支払うタイミングが多くなります。住宅ローンの手続きも複雑になるので、建売住宅と注文住宅それぞれの流れをご紹介します。  建売住宅を買うときの手続きと費用  建売住宅は土地と建物がセットになっているので、住宅ローンもまとめて借りることがで...

由籐久和

由籐久和プロ

家計管理における口座を使い分けることのメリット

家計管理のコツ 2016-06-27

家計管理で重要になる銀行口座。結婚すると、夫婦の口座はそれぞれが持っていた口座、そしてふたりで開設した口座と、銀行口座が増えます。 あまり使わない口座もできてきますので、一世帯でいくつぐらい持つといいのだろうか迷われることも多いのではないでしょうか。銀行口座を上手に使い分けるメリットをご紹介します。  複数の銀行口座を整理して使い分けることで家計管理が優秀になる  上手な家計管...

由籐久和

由籐久和プロ

家計管理の家計簿につかう項目はあなたのスタイルに合わせて

家計管理のコツ 2016-06-25

収入と支出を把握し、無駄を分析してお金を管理するためには、家計簿をつけることが基本になります。 家計簿をつけ始める時には内訳の項目決めをします。一般的な項目種別はありますが、人それぞれ管理しやすいやり方や長続きしやすいやり方は異なります。「お金を貯める」という目的を果たすために、自分のスタイルにあった項目設定を行いましょう。  家計簿の初心者にはざっくりした項目から始めることがお...

由籐久和

由籐久和プロ

新婚の家計管理は、ルール取り決めからスタート

家計管理のコツ 2016-06-23

結婚後は、これまで個別に管理していたふたりのお財布がひとつになります。ですから、ある程度ルールを作っていくことが大切です。 結婚式や披露宴などふたりで決めることが多い結婚までの忙しい時期であっても、この時期に話し合い、決めておくことをご紹介します。ふたり一緒の生活が始まってから生活習慣やライフスタイルの違いで「こんなはずではなかった」とならないように、きちんとお金のことや将来のこと...

由籐久和

由籐久和プロ

結婚後の家計管理、まず夫婦で明確にすべき世帯の将来像

家計管理のコツ 2016-06-21

30代世帯の家計の特徴は、子どもが生まれたことによってオムツ代、ミルク代、幼稚園や保育園費用が増加することです。 一方、共働きで子どもがいない場合は世帯収入が増えますが、将来的に子どもが欲しい場合は、出産後に妻は仕事を続けるのか辞めるのかによって今後の家計に影響してきます。20代は将来の夢や願望があったと思いますが、30代でその世帯の将来像が決まります。現実的に将来のことをしっかり...

Share