マイベストプロ香川
佐藤宣幸

生活習慣病や不妊など悩む心身に寄り添う漢方薬のプロ

佐藤宣幸(さとうのぶゆき)

有限会社 すみれ漢方施薬院薬局

お電話での
お問い合わせ
087-851-2366

コラム

野菜不足にも『バイオリンク粒』

2019年4月15日 公開 / 2019年7月17日更新

テーマ:薬剤師が推奨しているサプリメント

《貴方の1日、野菜摂取量大丈夫?》


バイオリンク

※香川県
☆男性・・・285g、これは全国23位

☆女性・・・261g、これは全国32位

※1日の野菜摂取目標の《350g》には80g~90g『不足』・・・・。


バイオリンク

《正しい食事『正食』の礎と言えばコレ》


バイオリンク粒

※1日45粒(毎食後に15粒)で『お野菜、約90g分』の栄養を補えます。

《アレ~、確か昔は野菜の1日量は『300g』だったような・・・、ナゼ350g?》
※野菜の栄養分は目減り中

バイオリンク

※野菜や果物は収穫した瞬間から『栄養分は目減り』していきます。
☆先達の人の言葉
『四里四方に病なし』・『地産地消』・『身土不二』・・・。
これらの言葉は本当だと思いますが、都市化が進み大地の恵みを受けられない今に必要なのが『バイオリンク粒』だと思います。

☆『バイオリンク粒』は『薬局サプリメント』として50年以上、薬局薬剤師が自分や家族で毎日飲みながら皆様の健康増進のために推奨しています。

☆当薬局では『先代』・『私』・『子供達』そして今は『孫達』も毎食後にバイオリンク粒を飲んでいます。

《薬局に来たらバイオリンク粒をオヤツに齧っている孫》


バイオリンク
※園に上がる前の孫がバイオリンク粒を齧ると頭のテッペンからガリガリと音が出ます。

《旬の食べ物は栄養タップリ》



バイオリンク
※マーケットの椎茸は『菌床』、そして野菜は遙か彼方の産地から運ばれてきます。
ホウレン草、旬の冬は夏に出ているホウレン草の2倍以上の養分を含んでいます。
道の駅や産直での野菜は朝取れ野菜がたくさん並んでいますし、時には『原木椎茸』も出ていまが毎日は通えません。
しかし、毎食後に『バイオリンク粒』を10粒~15粒飲んでいたら理想的に栄養分が摂れると思います。

《バイオリンクのエキスはミトコンドリアを元気にする》


ミトコンドリア バイオリンク 精子 卵子

※ミトコンドリアは体の『発電所』、バイオリンクを飲んで元気にしましょう。

この記事を書いたプロ

佐藤宣幸

生活習慣病や不妊など悩む心身に寄り添う漢方薬のプロ

佐藤宣幸(有限会社 すみれ漢方施薬院薬局)

Share
関連するコラム

佐藤宣幸プロのコンテンツ