まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ北海道
佐々木茂樹

身近なお金の問題から人生設計までサポートするプロ

佐々木茂樹(ささきしげき)

ファイナンシャルサービス株式会社

佐々木茂樹プロのコラム一覧:公的介護保険

以前「公的介護保険の話 その1 ~介護の段階ってどう決めるの?~」で、要支援・要介護の段階は審査されて決定する、ということをお伝えいたしました。一度審査を受けるとずっと認定の段階変わらないわけではなく、一定期間毎に更新や変更の手続きが必要です。現在は、新規で要介護・要支...

先日「公的介護保険の話 その10」で、入所順についてお話しいたしましたが、今後入所基準が変更になるかもしれません。今現在は、介護が困難だったり介護する者がいない等の理由がある場合は、比較的介護状態の軽い要介護1~2の方でも特養に入所が可能でした。しかし今後は、特養に入所で...

特別養護老人ホーム(特養)とは、常時介護が必要な方の入所も受け入れる老人福祉施設のひとつで、地方自治体等が運営する公的な施設です。民間の老人ホームと比べると、入居金や月額利用料が安く済みますので、入所を希望する方が多く、待機者が多いことが問題になっていますね。実は入居...

複数回にわたって、公的介護保険の概要・受けられるサービスなどについてご案内させていただきました。実は私の父も要介護認定を受けております。ご案内したような公的介護保険のサービスを受けることにより、私自身、そして家族も仕事等を辞めることなくそれまで同様の生活を送ることができ...

要介護状態の方に利用いただける地域密着型サービスには、次のようなものがあります。※費用は全額分を記載していますので、自己負担額は記載金額の1割です。 夜間対応型訪問介護 夜間対応型訪問介護夜間、ホームヘルパーの巡回や随時の訪問、利用者の通報に応じたサービスが受けられます...

前回まで要支援状態の方についてご案内しましたが、今回は、要介護状態になった方が受けられるサービスについてご案内いたします。要介護状態の方は「介護サービス」を利用できます。※費用は全額分を記載していますので、自己負担額は記載金額の1割です。 訪問によるサービス ○訪問...

地域密着型サービスとは、認知症(痴呆)や一人暮らしの高齢者などの要介護者が、住み慣れた地域の近くで介護サービスが受けることが出来るようにと設立されました。地域の現在の状況にあわせて、提供される介護サービスです。要支援状態の場合は以下の3つのサービスが利用できます。※費用は...

介護保険では、要支援状態と要介護状態で受けられるサービスが変わります。要支援状態の方は「介護予防サービス」を利用できます。※費用は全額分を記載していますので、自己負担額は記載金額の1割です。 訪問によるサービス ○介護予防訪問介護(ホームヘルプサービス) ホームヘ...

要介護・要支援の段階により在宅サービスの利用限度基準額あり、利用限度基準額は、金額ではなく「単位」で決められています。「単位ってなんだ?」ということになりますよね?(笑)金額の方がわかりやすいと思うのですが、自治体ごとにサービスの種類により1単位あたりの単価が違うことがある...

要支援・要介護状態になった時に利用する介護保険の利用者負担額は、基本的にかかった費用の1割です。そして1割の利用者負担額が一定の額を超えた時は、申請により高額サービス費が払い戻されるようになっています。利用者負担上限額は所得により4段階に分かれていて、札幌市では最高で37.200円と...

前回ご案内しました「公的介護保険」について、少しご案内したいと思います。介護保険制度は原則として市町村が運営しています。札幌市の場合、サービスを利用するためには次のような手続きが必要なります。1.区役所や介護支援専門員へ相談します。  区役所保健福祉課や地域包括支援...

介護の段階は、ご本人の状態を調査し、介護認定審査会で審査され決定します。段階は状況により、7段階に分かれます。 要支援1 ①居室の掃除や身の回りのことを行う際、一部に介助(見守りや手助け)を必要とする。②立ち上がりや片足立ちなどの複雑な動作に支えを必要とすることがある。...

佐々木茂樹プロのその他のコンテンツ

Share