まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福島
佐藤浩明

消化器内科専門医で「内視鏡検査」のプロ

佐藤浩明(さとうひろあき)

さとうクリニック内科・消化器科

お電話での
お問い合わせ
024-545-6111

コラム

ダイエット飲料で脳卒中・認知症の危険?

ダイエット飲料で脳卒中・認知症の危険?

 おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は「ダイエット飲料で脳卒中・認知症の危険?」という報告です。
 ボストン大学の研究者らの研究において、甘味飲料の摂取と脳卒中や認知症の発症リスクを調査したところ、ダイエットコーラなどの人工甘味料入り清涼飲料の摂取と脳卒中・認知症リスクとの関連が認められた。なお、砂糖入り飲料の摂取とは関連がみられなかった。
 脳卒中の発症については45歳を超える2,888人(平均62歳、男性45%)と、認知症の発症については60歳を超える1,484人(平均69歳、男性46%)を調査した。調査5(1991~95年)、6(1995~98年)、7(1998~2001年)において食事摂取頻度調査票を用いて飲料摂取量を数値化した。また、調査全体の平均化により、調査7での最近の摂取量と累積摂取量を数値化した。イベント発症の調査7から10年間継続し、脳卒中97例(82例は虚血性脳卒中)、認知症81例(63例はアルツハイマー病)を認めた。
 主な結果は以下のとおり。
・年齢、性別、教育、摂取カロリー、食事の質、身体活動、喫煙について調整後、人工甘味料入り清涼飲料の最近の摂取量や累積摂取量がより多いほど、虚血性脳卒中、アルツハイマー病および認知症全体のリスクが高かった。
・人口甘味料入り飲料の累積摂取量について、0単位/週を対照とした場合、1単位/日以上における危険率は、虚血性脳卒中で2.96倍、アルツハイマー病で2.89倍であった。(※1単位は、1グラスまたは1瓶または1缶)
・砂糖入り飲料(加糖清涼飲料、フルーツジュース、コーラなど)は脳卒中、認知症と関連していなかった。
 昨今の肥満の増加で色々な場面で使用されている人口甘味料ですが、カロリーを控えるという以上のデメリットも多々ある様ですので...注意が必要な様ですね!

17.5.24 花々

 我が家の庭の紫陽花もようやく蕾も膨らんできたようです!

この記事を書いたプロ

佐藤浩明

佐藤浩明(さとうひろあき)

佐藤浩明プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤浩明プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
024-545-6111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤浩明

さとうクリニック内科・消化器科

担当佐藤浩明(さとうひろあき)

地図・アクセス

佐藤浩明プロのその他のコンテンツ