まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ福島
佐藤浩明

消化器内科専門医で「内視鏡検査」のプロ

佐藤浩明(さとうひろあき)

さとうクリニック内科・消化器科

お電話での
お問い合わせ
024-545-6111

コラム

ピザが野菜??

2014年6月12日

福島の原発事故で、日本の食の安全性が問われていますが、アメリカでは全く違ったレベルで、食の危険が起こっています。アメリカの子ども達の肥満が大変な状態になっていることは、よく知られていると思いますが、何と2008年の統計では全アメリカの1/3の子ども(5歳から17歳まで)が肥満に分類されているのです。

 これに警鐘を鳴らし、積極的に改善に取り組んでいるのが、ファースト・レディーのミッシェル・オバマです。それを受けてオバマ政権が、公立学校の学校給食に、もっと野菜とフルーツを導入する案を計画しました。しかし、図らずもこの法案は「野菜とは何か」という根本的な問いを蒸し返すことになってしまいました。ちなみに現行法では大さじ2杯のトマト・ペーストが野菜とされているため、トマト・ペーストを使うピザは上にベーコンが乗っていようが、必然的に“野菜”にカウントされる、というわけです。オバマ法案は、こんなものを野菜と呼ぶなら、せめてトマト・ペーストは1/2 カップから“野菜”にしようじゃないか、と言っているのですが。
これに「待った!」をかけたのは、やはり食品業界。御存知のようにアメリカでは、2、3の大手食品会社が、品種から流通まで完全に手中にしています。

 オバマ法案にしても、「学校給食で毎日出されるピザとフライド・ポテトをせめて週2、3にする」という穏健なものなのですが、共和党は「この新しい法案は政府が学校の自由に介入し地方財政を逼迫するものだ」と非難して食品業界の抵抗を後押ししています。こうして、アメリカは今日もピザとフライド・ポテトで育ち肥満に悩む市民を量産しているのです。※この内容はウェブライターの「chicagonoyuki」が執筆したものを抜粋し、一部修正してあります。

 アメリカにおいても子供の健康より巨大企業の利益が優先され、そこからの利益供与を受けている団体や議員達もその言いなりになっている...それはどこかの国も同じなのかも?知れませんね...

この記事を書いたプロ

佐藤浩明

佐藤浩明(さとうひろあき)

佐藤浩明プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤浩明プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
024-545-6111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤浩明

さとうクリニック内科・消化器科

担当佐藤浩明(さとうひろあき)

地図・アクセス

佐藤浩明プロのその他のコンテンツ