マイベストプロ千葉

コラム

英検1級道場ー英検2022-2英検1級読解問題の研究ーアイルランド独立の経緯

2022年11月8日 公開 / 2022年11月22日更新

テーマ:英検1次試験に関する情報

コラムカテゴリ:スクール・習い事


英検2022年度第2回の読解問題の3番目、800字問題は、アイルランドがイギリス植民地から第1次世界大戦後に独立を果たすまでの歴史が書かれていました。大変興味深い内容で、さすが英検だと感心しました。

政治的な問題なので、難しいように思いますが、実際に読んでみるとそれほどではなく、単語と文法の要素から見ると英検2級レベルでも読むことが可能です。

大筋としては、アイルランドは北部と南部に分かれています。北部はプロテスタント中心でイギリス寄り、南部はカトリック中心で独立性が強いところです。
独立前のアイルランドには、穏健派と武闘派がありました。穏健派はイギリスの植民地内でできるだけ自治権を要求する立場、武闘派は完全独立を目指す立場でした。アイルランド全体では穏健派支持が高かったです。

ところが、第一次大戦中(1914-1918)の1916年、イギリス軍がヨーロッパ戦線に戦力を集中したとき(アイルランド人も従軍した)、武闘派はチャンス到来とみて武装蜂起しました。しかし、国民の支持が集まらず、主要設備占領もできずにイギリス軍に鎮圧されます。大きな死傷者を出し、ダブリンは瓦礫の山になります。

その後、現地のイギリス軍は、秘密の軍事法廷を開き、首謀者15名を銃殺するという所業に出ました。
これは軍事法廷の正式な手続きを無視したものであり、イギリス政府はアイルランド人の反発を恐れます。

第一世界大戦後の総選挙で、独立派のシンフェイン党が多数派を獲得し、一気にアイルランドは独立をはたしました。
このことを記念して、アイルランドでは1916年が特別な年として記憶されています。

以上が問題文に書かれている内容です。

以下は私の持っている情報からの推測になります。
今後の動きですが、北アイルランドは現在イギリス領となっています。しかし、南のアイルランド共和国に入り、アイルランド島全体としてひとつの国を目指す動きがあります。これは同じ島の中で、EUを脱退したイギリスとEUメンバーであるアイルランドとの間で不都合が生じているからです。(人、モノ、お金の流れ)


イギリスに関してもうひとつ不都合な情報があります。スコットランドが独立の動きを見せていることです。スコットランドはEU残留希望者が多く、来春国民投票で決着がつくと理解しています。

そうなるとイギリスは、イングランドとウェールズだけになります。
人口、経済力を初めとする様々な点で、国力の衰えた小さな国になってしまいます。
ひょっとしたら、そのイギリスがEUに戻るかもしれません。
イギリス界隈の動向には目が離せなくなっています。

英検1級道場へのお問い合わせに関して

このような英検1級道場の活動に興味があれば、まず、英検1級道場詳細情報 で英検1級道場の運営方法などを確認ください。

この記事を書いたプロ

山中昇

自ら英検1級合格を続ける英語指導者

山中昇(英検一級道場)

Share

関連するコラム

山中昇プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-7801-8405

 

受講者、受講希望の皆様のために公開しています
業者の皆様へのお願い:売込みはご遠慮ください

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山中昇

英検一級道場

担当山中昇(やまなかのぼる)

地図・アクセス