マイベストプロ千葉

コラム

英検1級道場ー環境保護への取り組みには健康な身体と心が必要です

2021年1月13日 公開 / 2021年1月26日更新

テーマ:その他、番外

コラムカテゴリ:スクール・習い事

ちょっと古いのですが、ジャパンタイムズの記事の中にスエーデンのグレタさんが国連で演説した音声と英文テキストが掲載されていました。

以前テレビでその様子を見たことがあるのですが、その時の私の第一印象は(あ、この子病気だ。どこか内臓が悪い、健康ではない。)というものでした。

青白い顔をして、眉にしわをつくり、乱暴極まる英語を使って大人の社会をこき下ろす彼女のスピーチには納得がいきませんでした。
改めて彼女のスピーチを聞き英文テキストを読むと、その時の思いがよみがえってきました。

環境問題が大変な状況であることは私も認識しています。
彼女は、問題解決のために真剣に取り組んでいることも理解できます。
でも私はこう思うのです。

「環境保護の活動をするのは、私たち人間社会が自然と共生しながら健康で平和で豊かな社会を作るためのはずです。その活動を進める人が、不健康では話にならない」

というのが私の言い分です。

こんなことを言うと、なんてひどい奴だ、と言われるかもしれません。
多分ネットでは炎上するでしょう。

でも私は、本当のことを言わなければいけないと思います。
1人1人が健康でいて、初めて環境保護の活動ができるのであり、環境保護は私たちが健康に生きるためなのです。

彼女のことについてはあまり耳にしなくなりましたが、もっと明るく健康で誰からも愛される存在として、彼女に活躍してほしいと願わざるを得ません。

ノーベル平和賞受賞のパキスタン出身のマララさん、彼女は明るく、誰からも愛される存在のようです。
私は、彼女となら一緒に活動できると思います。






英検1級道場へのお問い合わせに関して

このような英検1級道場の活動に興味があれば、まず、英検1級道場詳細情報 で英検1級道場の運営方法などを確認ください。

この記事を書いたプロ

山中昇

自ら英検1級合格を続ける英語指導者

山中昇(英検一級道場)

Share

関連するコラム