マイベストプロ千葉

コラム

英検一級道場 ー 地道な努力を共に

2020年11月16日 公開 / 2020年11月26日更新

テーマ:道場について

コラムカテゴリ:スクール・習い事

昨日、中学2年生のお母様から連絡があり、さっそく三者面談をしました。

即刻レッスンが決まり第一回目をやったのですが、準1級の過去問で単語問題100個の選択肢単語でぱっとみてわかる単語がかなり少ないことがわかりました。(4択ともわからないのが、25問中17問でした)
またリスニングのパート1も、本人にとってはかなり難しようです。

2級は合格しているのですが、まさに合格点ギリギリでの合格です。
英作文がたまたまよかったので、最近よくある“英作文がたまたまよかったので合格した”一人です。

今回の場合、どのようなサポートがベストなのか。受講生をはじめ、関係者の意見やアドバイスを得ながらサポートを続けていきますが、こういうケースもあるということを皆さんとシェアしたいと思います。

当面やれることとしては2級から叩き直すということなのですが、いろいろと考えながら進めていきたいと思います。
私も大変ですが、本人が一番苦痛だと思います。多分こういうお子さんは多いのではないでしょうか。

英検1級道場ですべて解決できるように思われるかもしれませんが、私と一緒に考えそして本人にはもちろん相当の努力をしてもらわなければなりません。

ちなみに1級合格の元受講生に話したら、「その中学生の気持ちがよくわかります。私もそんな感じでした。先生もどのようにレッスンを進めていけばよいか悩むかもしれません。でもレッスンを受ける本人が大変な努力を強いられますし、苦しい時もあると思います。でも先生は、いつも丁寧に理解できるまで教えてくれましたよ。くじけそうになった時もありましたが、先生の励ましの言葉に救われましたよ。」 基礎から叩き直すということで、淡々と地道にやるということですね。

ということで、同様のお悩みがあればご連絡ください。同様に解決します。

student

英検1級道場へのお問い合わせに関して

このような英検1級道場の活動に興味があれば、まず、英検1級道場詳細情報 で英検1級道場の運営方法などを確認ください。

この記事を書いたプロ

山中昇

自ら英検1級合格を続ける英語指導者

山中昇(英検一級道場)

Share

関連するコラム