マイベストプロ千葉
菅野昭子

アンガーマネジメントで企業を元気にする研修講師

菅野昭子(かんのしょうこ) / 研修講師

AngeGardien(アンジェガーディエン)

コラム

シニアの戦力化は、まずシニア予備軍のマインド・リセットから CSCワークショップのご案内

2021年6月26日 公開 / 2021年7月22日更新

テーマ:企業研修

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: 働き方改革人材育成 研修キャリアコンサルティング

何歳になってもやりがいをもって、仕事に取り組むためのお手伝いがしたい。
そこで、あらたにCSCワークショップ(キャリアシフトチェンジのためのワークショップ)
を提供することにいたしました。
シニアは社会経験を積み、仕事人生における集大成の時期と言えます。
残念ながら、周りから「扱いづらい」とされている方もいらっしゃいます。
自分のキャリアを見つめ、今、自分に求められているもの。自分がこれから目指していきたい方向を考えることで、より建設的で充実した日々を過ごすヒントを得る。そのためのワークショップです。
私自身が受講して、「とても元気になる、未来が楽しみになる」ものだったので、是非自分が広めていきたいと思いました。
*シニア(=定年再雇用などによって社内での役割や働き方が変わる年齢以降(JAVADA))

私の思い

1.背景
①仕事人生の寿命が延びた
「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」(高年齢者雇用安定法)改正(R3.4.1施行)
→事業主の「65歳までの雇用確保」が義務、あらたに努力義務として「70歳までの就業確保」が定められ、私たちの仕事人生の寿命がぐっと延びた。

②多くの人が求められる役割、立場、働き方がかわる
今まで最前線で働いた方も、肩書がなくなったり、後方支援に回る。時にはかつての部下が上司となる。そしてモチベーション維持に苦しむ人が多数存在する。

③シニア=さらに活躍してもらいたい人材
少子高齢化と人口減少が進む日本では、シニアは世の中にとって、企業にとって引き続き望まれる人材であることは確か。そして今まで培った経験など、シニアだからできることがある

だとしたら、シニアの方々がより活き活きと働くことが、自分だけでなく、会社にとっても、同僚、後輩にとってもハッピーなこと。そこに向かって私が出来ることを考えたら、それは「シニアの皆様に自分の今までとより良いこれからを考えるお手伝い。」でした。

シニアの戦力化は、まずシニア予備軍のマインド・リセットから

2.CSCワークショップとは
40台半ば以降のビジネスパーソンを対象に、シニア世代になっても活き活き働き続けるための必要な能力(プラットフォーム能力)を学ぶためのワークショップです。
*プラットフォーム能力
日本人材マネジメント協会(JSHRM)の研究成果として割り出された「活き活きと仕事を続けるシニアが持つ特性」のこと

3.このような方へ
40代半ば以降のビジネスパーソン
*早めに向き合えば備えることができます。シニアに突入してから考えるとよりイメージが

4.期待できる効果
・今までのキャリアを振り返ることができる
・今求められている役割を俯瞰してとらえることができる
・これからが楽しみになりパフォーマンスが上がる
・後輩のよき手本になる
・後輩の心と実務の支えとなる

5.菅野昭子が伝えることのメリット
・ペップトークを使いながらのやりとり→参加者が勇気づけられる
・カウンセリングマインドで参加者の心に寄り添った研修→落ち着いて考えられる
・ユーモアを交えた楽しく、分かりやすいトーク→楽しみながら、前向きに受講できる

ご興味のある方は

このページにあるお問い合わせより、もしくは電話にてお問い合わせください。
公開講座を設定することもできます。

以下出典 JAVADAホームページ

キャリアシフトチェンジとは

キャリア・シフトチェンジとは
高年齢期に達する前段階のある時点で、これまで培ってきた知識、スキル、行動特性、職業観等を棚卸しし、高年齢期の働き方に向けて仕事の型を作り直していくことを意味します。
職業生活は、入職して基本的な仕事の「型」を習得する「若者期」から始まり、基本型をベースに自分ならではの仕事の型を身につける「ミドル期」へと発展しますが、「シニア期」に向けては、多くの人が労働市場から必要とされる"市場型"への転換が求められます。


ライフキャリアチェーンとキャリアシフトチェンジのイメージ図


プラットフォーム能力とは

プラットフォーム能力とは
「環境変化にも柔軟に対応できる基礎能力」のことであり、キャリア・シフトチェンジを行う際に必要となるものです。
活き活きと仕事を続けているシニアの特徴を調べると、技能伝承の達人や新任管理者の育成役、若手とのダイバーシティによる創造的な技術やビジネスの創出を実現するなど、特定の高度専門能力を発揮していることが伺えますが、それだけでなく専門能力発揮の土台となる環境変化にも柔軟に対応できる基礎能力を共通して兼ね備えていることがわかりました。
シニアとして活き活き働き続けるためには、このプラットフォーム能力を身につけることが重要な視点となるわけです。



キャリア・シフトチェンジのためのワークショップとは・・・


上記の視点を踏まえて、シニアになってからの働き方を考えるワークショップです。
本ワークショップは、JAVADAが独自に開発した教材を使って行うプログラムとなっています。
学びのポイントを段階的に踏んでいくことで正しい理解ができ、自分自身の気づきと行動変容が得られるように編成しております。

この記事を書いたプロ

菅野昭子

アンガーマネジメントで企業を元気にする研修講師

菅野昭子(AngeGardien(アンジェガーディエン))

Share

関連するコラム

菅野昭子プロのコンテンツ

  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ千葉
  3. 千葉のビジネス
  4. 千葉の人材育成・社員研修
  5. 菅野昭子
  6. コラム一覧
  7. シニアの戦力化は、まずシニア予備軍のマインド・リセットから CSCワークショップのご案内

© My Best Pro