まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
勝山宏則

対応安心度調査2位の葬儀社を統括する葬祭ディレクター

勝山宏則(かつやまひろのり)

大成祭典株式会社

お電話での
お問い合わせ
0120-351-167

コラム

法要に招かれた場合の挨拶及びマナーを教えてください

法要

2011年11月3日


  【まず、招かれたお礼を述べる】

  一般の挨拶同様に、まず法要に招かれたお礼を述べます。

  ただし「お招き頂き、ありがとうございます」では失礼にあたりますので、

  「お招き頂き、恐れ入ります」「お招き頂き、誠に恐縮でございます」

  などの言葉をご使用されると良いでしょう。


  【四十九日法要は葬儀の延長と考えましょう】

  葬儀後、初めて招かれる法要が四十九日法要になります。

  ご遺族の心はまだ不安定ですので、故人様の死を悼むお悔やみの言葉を

  中心にしたご挨拶をされることをお勧め致します。

  忌み事は禁物ですのでご注意ください。


  【一周忌や三回忌では時間の経過にも配慮する】

  死去後、1年、2年と時間が経過するにしたがって、ご遺族のお気持ちは

  次第に落ち着きを取り戻すことがありますので、生前の思い出などを述べて

  故人様を懐かしむようなご挨拶を心掛けます。

  さらに七回忌以上の法要では、悲しみを乗り越えて力強く生きているという

  前向きな姿勢を示しつつ、故人様の微笑ましいエピソードなどがあれば

  披露してあげて、その場の雰囲気を和やかにするようなご挨拶をしてあげる

  のも良いと思われます。
  

この記事を書いたプロ

勝山宏則

勝山宏則(かつやまひろのり)

勝山宏則プロのその他のコンテンツ

Share