まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
小田原漂情

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

お電話での
お問い合わせ
03-5805-7817

コラム

センター前日・受験生を送り出して

総合学習塾・言問学舎

2014年1月17日 / 2014年1月23日更新

 いつものことですが、受験生を送り出す時の心境は、何とも言えないものです。ひと口に送り出すと言っても、大学受験、高校受験、中学受験と、それぞれに年齢が違いますし、一人一人の状況も、また大きく違います。

 一番「送り出す」感覚が強いのは、もちろん中学受験生です。ほとんどの場合、受験校の門前か、塾の最寄り駅で、文字通り「送り出す」からです。じかに後ろ姿を見送るだけに、「さあ、やることはやった、精一杯力を出し切って来いよ」と心中でつぶやき、自分は塾への帰路に着くので、「ああ、ひとつ終わったな」という気分になります(もっとも、早い発表の学校を受けていればその日の夕方からすぐ、合否の連絡待ちで、居ても立ってもいられなくなるのですが)。

 高校受験の中3生の場合、特に都立の一般入試受験なら、ほぼ前日まで一番長く指導をしたあとなので、「あとは自分を信じろ、今夜はよく休め。」という感じです。小6の子たちにくらべればしっかりしているようでありながら、もっとも多感な年齢でもあり、心配は尽きません。そして都立の発表の時などは、9時20分ごろから携帯電話に神経を集中させ、合否の報告を待つのですが、人数が多い上、やはり第二志望との条件の差が大きいため、この日がもっとも、神経をすり減らす一日であるかも知れません。

 大学受験の受験生は、センターと国立二次以外、ほぼ全員バラバラに個別の日程となりますから、それぞれの初回の前日には、一人一人とかなり綿密に話をした上で、送り出します。そして一人一人の一回ずつの結果を聞いて、またその後に向けてのアドバイスや励ましをするのがならいです(受かった場合はいいのですが)。

 いずれの場合も、手塩にかけて育ててきた子たちを送り出すのですから、祈るような気持であることには、毎年変わりがありません。

 そしてつい先ほど、今年のセンター受験組を送り出しました。ここ一回で決まり!という場面ではありませんが(全員私大センター利用)、やはり本人たちにとっての初陣ですから、力が入ります。一番年齢が上の彼(彼女)らこそ、一番やるべきことができているはずなのですが、受験のプレッシャーというものに変わりはなく、またいろいろな意味で先が見えている年代なので、こちらにはまたそれなりの重圧があるのでしょう。

 とにかく送り出してしまった以上は、祈るだけ。これも毎年変わらないならわしと、言えるでしょうか。何にしてもこれからほぼひと月半、結果を待って身を細らせるほんとうの受験期が、やって来ました。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 「マイベストプロを見た」とお伝え下さい。 
 メールは「メールで問い合わせる」
    「フォームから問い合わせる」よりお願いします。

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師
小田原漂情
文京区の総合学習塾・言問学舎HP
[[言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be]]
[[国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com]]

国語力が、思考力や判断力を養います。そのための勉強は、言問学舎でこそ!

この記事を書いたプロ

小田原漂情

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

小田原漂情プロのその他のコンテンツ

Share

小田原漂情プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情

有限会社 言問学舎

担当小田原漂情(おだわらひょうじょう)

地図・アクセス

小田原漂情のソーシャルメディア

rss
rss
2018-08-09
youtube
youtube
2011-06-23
youtube
youtube
2018-08-03

小田原漂情プロのその他のコンテンツ