まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
小田原漂情

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

お電話での
お問い合わせ
03-5805-7817

コラム

私立中受験・最後の追い込み「あと半月でできること」

総合学習塾・言問学舎

2014年1月16日 / 2014年1月23日更新

 東京都内の私立中学校入試初日(=第一志望受験日)まで、ちょうどあと半月となりました。

 志望校のレベルや特色、また科目ごとの得意不得意にもよりますが、今からできることは、まだまだたくさんあります。

 まず国語についてですが、漢字は当日の朝までコツコツ積み上げられますし、文法が出題される学校なら、想定される範囲の文法の復習・演習。詩歌(詩や短歌、俳句)の出題がある学校の場合は、表現技法~直喩・隠喩(まとめて比喩)、擬人法(これも比喩の一部)、体言止め、対句、反復、倒置など~や、口語と文語、自由詩・定型詩の区別(「散文詩」は、滅多に出ないと考えられます)。

 とくに俳句の出題歴がある学校を受験する場合、「季語」「切れ字」、中でもまぎらわしい季節の季語の確認などは、再三再四、確実にやっておきましょう。たとえば「七夕」が秋の季語であるということなどは、勉強しなければわからないことです(もし、短歌で枕詞などが出されている学校があったら、これも狙いどころです)。

 社会では歴史の年代や地理の基本事項の暗記、公民は憲法の三大原則や「9条」等の重要な条文、非核三原則等が、男女にかかわりなく、よく出題されます。男子校、共学校では、「新幹線」に関する出題も多いです。
 

 算数は公式の確認をしっかりし、一行問題をたくさん解きましょう。もちろん受験校の過去問の出題傾向に合わせて下さい。過去問は、繰り返し何度も解いておきましょう。
 

 理科はやはり基本事項の暗記と「できる」レベルの計算問題の演習等々、これも過去問に合わせて、できるレベルのものを繰り返し、やって下さい。
 

 つまるところこの時期は、本人の得意不得意、および受験校の特色にあわせながら、「具体的な得点アップ」につながることを、集中してやって下さい。ここに至っては、「学力」そのものより「得点力」のかさ上げに特化する方が、よい結果へとつながります。

 そしてどんなお子さんでも、どのような学校の受験でも、みな等しく重要なポイントとなるのが「健康」と「メンタル面の強さ」です。
 

 どんなに学力が高くても、当日熱があって実力を出せなければ何にもなりません。また体は元気でも、当日緊張しすぎて手がふるえてしまっては、せっかく積み上げてきた力が、発揮できなくなってしまいます。
 

 これらはどの年齢の受験でも、共通して言えることです。しかし、やはり12歳、11歳という幼い年齢で挑む中学受験が、もっとも大きく、メンタル面のゆれがあらわれる受験であると言えましょう。

 一番つらく、しんどいのは、これまで勉強してきて、当日受験に臨むお子さんたちです。親御さんも同じようにつらく、ドキドキする時期なのですが、何よりもお子さんがリラックスして当日の受験に臨めるよう、この時期は環境作りに専念してあげて下さい。他県の受験で良い結果が出なかった場合も、それはケース・バイ・ケース。大事なのは第一、第二志望の本番です。受験生と保護者の皆さまに、次のひと言をお贈りさせていただきます。

「志望校に合格する人、それは、当日、合格最低点以上をとった人です。今までの成績は過去のものにすぎません。」

 受験生のご健闘、そして合格をお祈り致します。

◇新小学5年生に関するご案内が、こちらからご覧いただけます。
 http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/35668/


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 「マイベストプロを見た」とお伝え下さい。 
 メールは「メールで問い合わせる」
    「フォームから問い合わせる」よりお願いします。

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師
小田原漂情
文京区の総合学習塾・言問学舎HP
[[言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be]]
[[国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com]]

国語力が、思考力や判断力を養います。そのための勉強は、言問学舎でこそ!

この記事を書いたプロ

小田原漂情

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

小田原漂情プロのその他のコンテンツ

Share

小田原漂情プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情

有限会社 言問学舎

担当小田原漂情(おだわらひょうじょう)

地図・アクセス

小田原漂情のソーシャルメディア

rss
rss
2018-08-15
youtube
youtube
2011-06-23
youtube
youtube
2018-08-03

小田原漂情プロのその他のコンテンツ