まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
小田原漂情

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

有限会社 言問学舎

お電話での
お問い合わせ
03-5805-7817

コラム

国語に強い言問学舎・2016夏期講習の特色③<夏こそ勝負!の成功例・中>

総合学習塾・言問学舎

2016年6月29日 / 2017年2月21日更新

 ひきつづき「夏こそ勝負!」で受験を成功させた過去の例を、ご紹介して行きたいと思います。時系列はランダムにさせていただきます。

 

高3からの志望学科変更も、パーフェクトな戦略・戦術で合格へ

 駒澤大学文学部国文学科に一般推薦で合格したDさんは、高3になる段階で、それまでの演劇学科志望から国文学科志望に切りかえました。そして言問学舎に来たのは、夏期講習の中盤から。古文・漢文の学習状況から考えると、本人も希望している一般推薦での合格が、最も現実的と言える状況でした。とにかく駒澤の一般推薦に絞って、本人がやり通せるプランで合格を勝ちとろう。これが戦略となりました。

 とはいえ、一般推薦の入試日までには、時間が限られています。「国文学科にどうしても入りたい」というには、国語や文学の知識の蓄積に、心もとない部分もありました。そこで、立てた戦術の第一は、旺文社の文法全解シリーズ『土佐日記』一冊に限定して、「これだけは徹底して読みこもう」というものでした。幅広く覚えるのには時間がないから、「スタートが遅れた分『土佐日記』だけはしっかり勉強しました」と言えるようにしよう、と言う作戦です。戦術の第二としては、彼女が国文学科を志すようになった経緯を、高校3年までの実体験をからめて、説得力のあるストーリーとして組み立てました。そして第三は、「面接でこの点を聞いて欲しい」というポイントに質問が来るように、志望利用書を書き、面接の受け答えも、そのポイントに流れが来るよう、言わばシナリオを作って、その通りに練習したのです。

 試験当日は、本人からの報告の電話で「95%力を出し切りました」と言う元気な声が…。そして無事に合格し、今ではその駒澤大学も卒業して、社会人として頑張っています。私の専門の国文学科受験で、面目を果たすことのできた一例ですから、あえて「パーフェクト」と、させていただきました。


 夏から入ってぐんぐん伸びた中3生

 夏期講習がはじまって数日が過ぎたある日、中3生E君の親御さんから、ご相談の電話がありました。「中3受験生で今からの対応が可能ですか」と。大事な高校受験を前にして、安請け合いは出来ません。もちろん、どんな時期からでも、対応をさせていただくことは可能です。ただし、お子さん本人の学力、潜在的な力とやる気、それに志望校を勘案して、はじめて誠意と見通しのある対応の可否が判断できるのです。

 本人と親御さんと私の三者面談では、「大学進学を前提として、高校を選びたい」と言う希望に対し、「では何としてもまず都立豊島、可能なら文京・北園を狙いましょう」と私が答えて、一致を見たのです。

 しかし彼は、もともと勉強の仕方を少し間違えて伸び悩んでいたのか、夏期講習で基礎を徹底するうちに、どんどん伸びはじめました。

 そして最終的に受験前の志望校選択の段階では、北園にするか、竹早にするか、というところで、悩むほどになったのです。結果としては、二学期末までの段階ではまだ伸びが一歩足らず、内申が希望するところまでは上がらなかったこと、また北園では当時特別選考が実施されていたので、北園を受験することとし、無事に合格しました。まず豊島、できれば文京・・・と最初に話した時のことを思えば、最高の結果となったわけで、親御さんにも大変喜んでいただきました。ちなみに入試本番の得点は、5科合計で398点をマークしました。

 今回は2人の例をご紹介しました。夏休みは、本当に大きく伸びるチャンスの時です。次回もう少し、同様の例をご紹介したいと思います。

夏期講習全体のご案内はこちらからどうぞ

国語力に定評がある文京区の総合学習塾教師
小田原漂情
文京区の総合学習塾・言問学舎HP

[[言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be]]

[[国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com]]

国語力が、思考力や判断力を養います。そのための勉強は、言問学舎でこそ!

この記事を書いたプロ

小田原漂情

小田原漂情(おだわらひょうじょう)

小田原漂情プロのその他のコンテンツ

Share

小田原漂情プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5805-7817

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小田原漂情

有限会社 言問学舎

担当小田原漂情(おだわらひょうじょう)

地図・アクセス

小田原漂情のソーシャルメディア

rss
rss
2018-08-15
youtube
youtube
2011-06-23
youtube
youtube
2018-08-03

小田原漂情プロのその他のコンテンツ