マイベストプロ山陰・島根
  1. 専門職|クライアントアンケート(4)今まで本心から答えを出せていなかった事に気づく

コラム

専門職|クライアントアンケート(4)今まで本心から答えを出せていなかった事に気づく

2020年7月13日 公開 / 2020年7月20日更新

テーマ:セッションを受けての喜びの声

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

コラムキーワード: マインドフルネスモチベーション 上げ方受験勉強 モチベーション

こんにちは、サポートコーチ出雲の山根浩二です。

今日は、以前行ったクライアントアンケートの中で教えて頂けた事を書いてみます。





Q.実際に山根からセッションを受けてみてどうでしたか?

A.そうですね、自分んが実際に悩んでいた事について、悩んでいるクセに実は自分の中に答えがあったんだという事に繋がっていないという、摩訶不思議な現象になってしまっているのが、セッションという形で山根さんと話していると、自分の中の答えが出せてしまっているというか引き出されるというか、それで自分の中がクリアになるというかスッキリするというか、問題が解決するというかという処が凄かったですね。

Q.なるほど、そんな感じだったのですね、あの時には起業に対する相談だったと思うのですが、それについては、どうでしたか?

A.やっぱり、山根さんと話していると、自分の中が整理されていくという感じでした。必要な考えと必要でない考えとが、分けられてくるというか、整理されていく、、、自分の気持ちも含めて、”本当は何がしたい?”とか”本当はどうしたい?”とか”何が出来る?”とか、そういう事の整理でしたかね。



Q.セッションを受け続けてみて、どうなりましたか?


A.自分の本当の気持ちはどうなのか?という、そこが、自分に向き合うというか、知らず知らずに自分がそこに蓋をしていたというか、本当の気持ちは、そうじゃないのに、違う方向に動いていたりとか、、、自分の本当の処を引き出してもらえて、本心に気づいていきましたね。

なんて言うか、自分っていうモノが、例えば今日ここへ来るとかという行動をするじゃないですか。そういう行動をするという事は、何かの考えがあって気持ちがあって行動している筈なんですよ。その時は自分の気持ちはそうだから動いている筈なのに、実は心の奥底には、その気持ちが無い、、、

山根さんに聴かれて、自分の本当の気持ちをふっと考えた時に、「あっ自分が行きたいのは、実はここじゃないのに」と気づくというか、それが実は自分の先入観だったりとか周りの言葉の影響だったりとか、自分が知らず知らずに、自分の気持ちはそうじゃないのに、実は違う自分の気持ちみたいなのに、実は動かされているという事に気づかされるというのがありました。

”本当の気持ちは、そこじゃないですよね”という事に、山根さんに気づかされるというか、、、、

自分が進んでいるというか、進もうとしている処が、自分の気持ちで思ってる、自分がそこに行きたいから行こうとしている動きの中なのに、”いや、本当の気持ち、そこじゃないですよね?”と言われた時に、”ハッ”と、そうだその気持ちじゃ無いわ、、と気づかされるというか、、そもそもの動機を思い出したりとか、、、、


Q.それって、山根がどういう風に言った時に気づいたりしたのでしょうか?

A.それは話をしている中で、山根さんに質問されてに色々な事を喋っていくじゃないですか、で山根さんに質問されたから、自分の中から、山根さんにアンサー(答え)を投げかけるんですよ。

自分は質問されるから、それについての答えがこうだと思ったモノをポンポン出していくんですよ、聴かれるから答えていくという感じで知らず知らずにに出していくんですけど、フッとした時に、「あれ?さっきのアンサーと、今のアンサーとが何か矛盾してないですか?」とか、「あれ?、じゃあこのアンサーとさっきのアンサーとはどうなっているんですか?」とか聴かれた時に、”あれっ”ってなるんですよ。

自分は、そう思って、そのアンサーを出して来たのに、気が付いたら、そのアンサーがオカシイアンサーが出ているんですよ。自分の出してる、アンサーや反応が、、、

なんでそんな答えを出してしまったんだろうという事を辿っていくと、そのアンサーが本当の自分の気持ちとか、それが良いと思って出したアンサーじゃなくて、何かに盈虚を受けていたりとか、こうじゃないといけないと、勝手に自分の中に作り出されたアンサーだったりして、「あっ自分は出したいアンサーは、ここじゃなかったんだ」という事に、気づくというか、気づかされるというか。

「あれっ???」怖っ、、、、と


Q.それって、本当は自分は矛盾が無い事を言っているつもりなのに、「あれっ、それってさっき言われた事と違いますよね?」と言われた時に、どっちが本心だったか?という事を考えられて、じゃあ最初に言った事が、実は本心じゃなかった、、、という事に気づくという事でしょうか?

A.正にその通りでした、自分が何でそんな答えを出してしまったんだろう、自分がそれは正しい気持ちだと思って出したアンサーを、紐解いていくと、何かに縛られていたりとか、自分のホント本心の気持ちじゃなくて、誰かの発言とか周りの影響とか、自分がこうじゃないとイケナイとかの先入観によって、答えを出しているという事が、山根さんと話していると紐解かれてました。

まあ、そんな機会は普通無いですね。

だって、普通他の人との会話って、自分がそうだよねって思っているアンサーでのやり取りが行われているじゃないですか、そしてそこで会話が成立している。お互いに、こうだよ、ああだよ、っていうのを投げあって会話が成り立っている。

Q.表面的な会話で、終始していると?

A.そうです、でもその時は、それが自分の本心のアンサーだと思っているから気づかない。

「今フッと思ったんですが」先ほど話した、過去に盛り上がった話が出来た人たちとも、時間が経つと、話がかみ合わなくなってしまう人がいるとか、会えなくなってしまうというのが、実は合わなくなる人とは、そのアンサーの部分でズレていた処で会話を合わせていたんじゃないかな?と、、そして、表面的なアンサーが変わっていくと、フッとした時に、あっ違うと離れていってしまう。とそういう事が起きていたかもしれませんね。

それが山根さんとだったら、自分の本当の処と向き合うから、向き合わせてもらえるから時間が経っても違和感無く話が出来るのかなと。

山根さんだったらブレないで、本当の自分に会わせてくれるというか、本当の自分が出てくるという事じゃないですかね。

「今、凄い事しゃべってますね」なんで、自分が出しているアンサーが自分の本心じゃない事を出してしまっている、、、


そして、そこに気づけない。

そして、普段はその本心じゃないアンサーで会話が成り立っている。

Q.成り立っているんですかね?

A.成り立っているように、見せているかもしれませんね。成り立っているような気がしているのかもしれません。本心で会話している訳でもないので、だから何かもどかしさを感じたりするのかもしれません。


________________________

お読み頂きありがとうございます

山根との対話は、きっとあなたの中のリソース(資源・財産)に気づく時間になります


私の仕事は、忙しいと思われがちですが、まだまだ時間は空いています。

私は多くの方の人生が向上する事を願っています。

興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いたプロ

山根浩二

現状変革を支援するプロ

山根浩二(サポートコーチ出雲)

Share

関連するコラム

山根浩二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-4653-1239

 

マイベストプロを見たと最初に、お伝えください。

電話が話し中の場合、着信が記録されないようです。申し訳ありませんが、返信が無い場合は後日改めて、お電話頂きますように、お願いします。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山根浩二

サポートコーチ出雲

担当山根浩二(やまねこうじ)

地図・アクセス