まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
高塚哲治

欠陥住宅問題を解決し良質な建築の創造へ導くプロ

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

コラム

国内市場縮小で「住宅産業」は「東南アジア」へ進出

住宅(つくる、かう)

2017年8月19日 / 2018年8月15日更新

 5%以上の成長を続ける「東南アジア」。
 生活水準が向上するにつれ、徐々にその内容が変化し、最近は「住宅産業」の進出が活発化しています。
 「パナホーム」は、「マレーシア」(「クアラルンプール」)で建設していた戸建住宅試作棟(東南アジア仕様)が2013年3月に竣工し、「マレーシア」における戸建住宅事業の展開を足がかりに、「東南アジア」での『住生活産業No.1の環境革新企業』を目指すといいます。
 また、2009年から「タイ」で住宅事業を展開していた「積水化学工業」は、「タイ」(「バンコク」)の北方に建設していたユニット住宅の量産工場が竣工し、今後、工場生産による「工業化住宅」の企画開発・販売・生産・施工・アフターサービスを一貫して、現地企業との合弁で行うとしています。
 日本企業の「ベトナム」進出に伴うコンサルティング事業も手掛ける「エマールグループ」は、「ハウスメーカー」や「建材メーカー」と提携し、「東南アジア」市場で、住宅建築・販売、不動産投資ビジネスを展開するなど、「東南アジア」各国における動きは活発化しています。
 「東南アジア」各国の住宅は、「断熱性能」が低く、エアコンを過剰に使用することで電気使用量が増加し、「防水技術」も脆弱で、雨漏り・漏水が日常的に発生し、交通量の多い場所での騒音や、建設技術の未発達による工期の長期化など、様々な課題を抱えています。
 国内市場の縮小を見込んだ海外進出と、国内住宅のスマート化の二本柱が、「住宅産業」にとっての成長の軸となり、今後は、各社共に、他社との差別化による展開がカギになるといいます。








(讀賣新聞17.08.18 抜粋)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

高塚哲治

高塚哲治(たかつかてつじ)

高塚哲治プロのその他のコンテンツ

Share