まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
高塚哲治

欠陥住宅問題を解決し良質な建築の創造へ導くプロ

高塚哲治(たかつかてつじ)

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

コラム

企業・自治体の施設運営には「ファシリティマネジメント(FM)」の導入を

技術

2013年3月14日 / 2018年8月15日更新

 「ファシリティマネジメント(FM)」は、アメリカで生まれた新しい経営管理方式です。公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会(JFMA)では、FMを「企業・団体等が保有又は使用する全施設資産及びそれらの利用環境を経営戦略的視点から総合的かつ統括的に企画、管理、活用する経営活動」と定義し、単に手法という範疇から、より広くFMを経営的視点に立った総合的な活動として捉えています。
 業務用不動産(土地、建物、構築物、設備等)すべてを経営にとって最適な状態(コスト最小、効果最大)で保有し、賃借し、使用し、運営し、維持するための総合的な経営管理活動ということです。
 今後、経営戦略の観点から施設を総合的に運営する「ファシリティマネジメント(FM)」の導入が不可欠になるでしょう。


《讀賣新聞2013.03.07》





タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

タウ・プロジェクトマネジメンツ一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

高塚哲治

高塚哲治(たかつかてつじ)

高塚哲治プロのその他のコンテンツ

Share