まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

コラム

固定低金利型のメリットと社内融資の注意点

私の不動産コンサルタントに対する想い。

2018年2月13日 / 2018年8月17日更新

固定金利型。


●固定金利型のメリットは

①完済(最終返済)までの金利が決定している

固定金利とは、融資実行時又は申込み時点で、借入当初から完済までの金利が決定しているものをいいます。

最初から最後まで金利が一律のものと、当初10年間と11年目以降で金利が異なる段階金利のものがあります。
段階金利は途中で金利が変更されますが、変更後の金利も借入当初からあらかじめ決定されています。


②家計の管理がしやすい固定金利型

完済までの金利が決定しているということは、完済までの返済額も決定しているということです。
将来の金利の動きに一喜一憂することなく、将来にわたって家計の見通しもつけやすくなります。

また、総返済額もあらかじめ決まっているので、繰上返済の計画や教育資金、老後資金準備など他の資金計画も立てやすいといえます。


●社内融資のメリット、デメリット

大企業には金利が低い、担保不要などの社内融資があります。

ただし、あくまでも融資対象者は社員であり、社員の地位を失うと一括返済となります。定年退職まで勤めるのであれば問題ありませんが、転職等の場合は預貯金などの自己資金で全額返済が必要です。

それが難しい場合には銀行等の金融機関で借換えが必要となりますが、勤務年数を融資条件にしていることもあり転職後すぐには融資不可の結果も考えられます。

社内融資を利用する場合には退職時の融資の扱いに注意して、転職の可能性があれば在職中に融資の借換えをするべきです。

●社内融資もメリットとデメリットが存在します。


○営業時間 平日9:00~17:00 土曜日9:00~1300  日曜・祝日は定休日です。
○随時、不動産相談の受付をしています。(定休日も可)
○売買・賃貸借のご依頼もお受けしています。
○[[不動産買取ります。 https://mbp-okayama.com/tomisyo/inquiry/pe

この記事を書いたプロ

宮本裕文

宮本裕文(みやもとひろふみ)

宮本裕文プロのその他のコンテンツ

Share

宮本裕文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文

有限会社富商不動産販売

担当宮本裕文(みやもとひろふみ)

地図・アクセス