まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
芳賀健太

絵画の力で人の心を豊かにし、見える世界を変えるプロ

芳賀健太(よしがけんた)

空間ペインター

芳賀健太プロのご紹介

自分の描いた絵画や空間ペイントで、一人でも多くの人に希望や喜びを届けたい(1/3)

芳賀健太 よしがけんた

一枚の絵画が人生を変える、奇跡の瞬間。

 日常生活で嫌なことがあったり、人生に絶望するような出来事がおきたとき、暗闇の中で、何かにすがりたくなることはありませんか?アーティスト・芳賀健太さんの描く絵には、そんな人の心に寄り添い、気持ちをいつしか癒してくれる不思議な力があるようです。

 実際にあったエピソードとして、芳賀さんが学生からの依頼で、大分大学医学部附属病院のギャラリーに、定期的に絵を展示していると、先日まで入院していたという女性が現れて、持参した杖に、絵を描いて欲しいと頼まれました。その時一緒に受け取ったお手紙によると、その方は、7年前に足を悪くして入院し、二度と治らないかもしれない絶望の縁にいたのだそう。自ら命を絶つことを考えていたとき、芳賀さんの絵を見て、感動と生きる力をもらったと、感謝が綴られていたのです。
 また、「挙式の1カ月前に父親を亡くした新婦の友人に頼まれ、ヴァージンロードを歩いている父と並んで歩く新婦のドレス姿を描いたり、もうすぐ生まれるはずであったお腹の子を、流産で亡くしてしまった両親からの願いで、家族全員とその子が一枚の絵の中で、一緒に笑っている姿を描いたこともあります」と芳賀さん。
 現実とは違っていても、気持ちを現実に表すことが出来るのが絵の力。一つひとつが、まるでドラマのようなエピソードですが、芳賀さんの作品が、いかに人の心の拠り所となっているかを、物語っています。

芳賀健太プロのその他のコンテンツ

Share

芳賀健太のソーシャルメディア

instagram
Instagram
instagram
Instagram
facebook
Facebook