マイベストプロ信州
下田茂

アイデア等を特許・商標等の権利にするプロ

下田茂(しもだしげる)

みらい国際特許事務所 長野オフィス

コラム

AI時代における知財の保護と活用(1)

2019年4月20日 公開 / 2019年9月13日更新

テーマ:知的財産

 最近、「AI(人工知能)」という言葉もかなり一般化し、「令和」の時代はAI時代になりそうです。
 「昭和」~「平成」の時代には、これからは「コンピュータ時代」が来るというときがありました。コンピュータ時代は、「平成」の今が全盛期でもあり、仕事(企業)の観点からは「IT化」がポイントになっています。
 いわば、企業も個人もコンピュータを如何に使いこなせるか否かによる二極化が生じています。
 AI時代でも、多くの人が言っていることではありますが、同様の二極化、更には異なる二極化の発生が考えられます。この場合、人間としての「思考(思考力)」が重要になり、「思考」が伴わないものは、次第に、AI(ロボット)に取って代わられる流れが生じると考えるのが自然です。
 なお、ここで言う「思考(思考力)」とは、難しいことを考える意味ではありません。様々な知識や情報を基にした人間としての的確な判断力、あるいは感情などに基づく振舞力であり、一言でいえば「人間力」に置き換えてもよいと思っています。
 したがって、これからは、中間層をAIが受け持ち、人間は、その両側に振り分けられることになります。この場合、一方側が優れ、他方側が劣るということではありません。つまり、縦方向(能力)の上下ではなく、あくまでも横方向(個性)における左右の意味になります。
 少し前に、新入生に対する挨拶で、この社会は頑張っても報われないこともある、という話をした先生のニュースが話題になりましたが、「令和」の時代は、本質が問われる以上、頑張れば報われ、頑張らければ報われない、という二極化が生じるイメージを持っています。
 例えば、これからは何が必要(重要)になるかなどのAIにはできない先見性を含む判断力が重要になってきますし、他方、人に対するどのような行為が喜ばれるかなどのAIには難しい人の心に根差した振舞力も重要になってきます。いわば、人間としての本質が問われる時代を予想しています。
 このため、「知的財産」の視点から見た場合、以前より、ここのコラムでも触れていますが、個々人の『知的資産』の持ち方がより重要になると思っています。
 AI時代は、個性に基づく思考力が問われる時代とも言え、「知的財産」は、今まで以上に、より広い視点を含む『知的資産』から捕らえる必要が出てきます。
 後10日ほどで「令和」の時代が始まります。これからも、多様な情報に対するセンシング技術を磨き、AIに負けないように、的確な思考に基づくインプットとアウトプットを実行し、チコちゃんに、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱られないように心掛けたいと思っています。

この記事を書いたプロ

下田茂

アイデア等を特許・商標等の権利にするプロ

下田茂(みらい国際特許事務所 長野オフィス)

Share
関連するコラム

下田茂プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
026-228-3828

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

下田茂

みらい国際特許事務所 長野オフィス

担当下田茂(しもだしげる)

地図・アクセス