まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮崎
小川玲人

住宅の適正診断が出来る不動産のプロ

小川玲人(おがわれいと)

あいプラン

コラム

不動産取得税の落とし穴

不動産の相談

2017年10月24日



建物を建築する際に、うっかり忘れてしまうのが不動産取得税です。

現在新築アパートのコンサルをさせて頂いております。

その際に「不動産取得税はいくら?50万円くらい掛かると言われた。」との質問でしたが、「いえいえ、この床面積であれば心配ないと思います」とお答えさせて頂きました。



居住用の建物であることが前提ですが、住宅は50㎡~240㎡までであれば、1戸につき(固定資産税評価額-1200万円の特別控除)×3%をした額が取得税となり、通常(課税標準額×3%)よりも大幅に金額が下がります。ここまではよく聞く話です。

また、1戸(一部屋)が40~240㎡の6世帯の共同住宅を新築する場合は、1戸につき1200万円の特別控除がそれぞれ使えます。また、40~240㎡の床面積を満たしていなお部屋があれば、その戸数の分、控除が使えません。よって、床面積は注意が必要です。ただ、不動産取得税を軸にアパートをつくる訳じゃないでしょうから、収支のコンセプトが変わってしまったら本末転倒ですが。

そんな話をしていると、「そもそも、新築建物の課税標準額はどう計算するの?まだ出来てないのに」となりましたので、こちらは一般的に請負金額の60~70%程度になると思います。と、お返事いたしました。

施主様に「あんたやるね!」と言って頂きました。

勉強してて良かった(´ρ`)

ただ、税の計算は税理士の独占業務です。

正確な税額の事は、直接お近くの税務署や税理士に確認してください

この記事を書いたプロ

小川玲人

小川玲人(おがわれいと)

小川玲人プロのその他のコンテンツ

Share

小川玲人プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0982-40-6314

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小川玲人

あいプラン

担当小川玲人(おがわれいと)

地図・アクセス

小川玲人のソーシャルメディア

facebook
facebook

小川玲人プロのその他のコンテンツ