まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
長野淳子

生きた言葉のプロ

長野淳子(ながのじゅんこ)

ステージ・アップ

コラム

『 忘れない 』 ということ

東日本大震災

2013年3月15日 / 2015年7月29日更新

震災から2年。

先日テレビの番組で、震災から2年経った今なお、
100人もの人たちが避難所生活していることを知って驚いた。

それは、原発事故で避難している福島県双葉町の方たちで、
埼玉県加須市の廃校になった高校の校舎にいるという。

あの日から2年も経っているというのに
仮設住宅に住んでいる人たちでさえ 「 もう限界だ 」 と言っているのに
いまだにダンボールで仕切られたスペースで、生活しているというのだ。


番組では、『 復旧 』 と 『 復興 』 の違いも言っていた。

『 復旧 』・・・元の状態にすること
『 復興 』・・・衰えたものが、もとどおり盛んになること

『 復興 』 どころか 『 復旧 』 さえままならない現実を、目のあたりにした思いがした。


今年の3月11日 私は、震災の復興イベントで、一遍の詩を読んだ。

「 太陽がのぼること・・・ 」 から始まるその詩は、
「 当たり前のことなんて なにひとつない 」
「 当たり前に思えてしまう事 そのひとつひとつが 本当は奇跡 」 で結ばれている。

詩を読みながら私は思った。
私たちは、忘れ始めている。
日常が元どおりになるにつれて、あの日のことを 忘れ始めている。


そして、震災関連の記事であふれた新聞の、ひとつの見出しに涙した。

「 大切な家族を亡くしてなお生きていくつらさと、当たり前の日常を失う悲しみと・・・
11日にあった政府主催の追悼式で、被災3県の遺族代表は2年間の日々の重さを振り返った。
3人がそろって誓ったのは、『 忘れないこと 』 だった。」


「 人間には、忘れていく能力があるから、悲しみを乗り越えていける 」 とも言うけれど
『 忘れないこと 』 『 忘れられないこと 』 『 忘れてはいけないこと 』・・・
そういう思いがあることを、私はあらためて心に刻んだ。


これが、あの日から2年経った、私の思いです。
皆さんにとって、この2年はどんな2年でしたか? そして今皆さんは、何を思いますか?




ホームページも 是非ご覧ください!! http://www.stage-up.info/
コラムをお読みいただいての感想なども ぜひお寄せください!!

この記事を書いたプロ

長野淳子

長野淳子(ながのじゅんこ)

長野淳子プロのその他のコンテンツ

Share