まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
伊藤俊輔

年金重視「FP相談」のプロ

伊藤俊輔(いとうしゅんすけ)

京極・出町FP相談

コラム

家計簿診断に納得できない!?<その1>

支出をすっきり整理

2011年6月24日 / 2014年6月28日更新


 3回シリーズです。
----------

 食費は収入の20%まで。
 住居費は25%まで。
 光熱費は5%。
 通信費は、交際費は、、、、

 というような支出の割合を示されて、その範囲に必ず納めてください。
 納めないと主婦失格!みたいな記事とかコラムとかって多くないですか?

 この割合を決めるという方法は私はお勧めしていません。
 家庭によって異なりますよ。適正な割合は。


 食費は20%。

 収入が月20万の家庭と、50万の家庭で同じ割合ですか?
 家族構成が4人の場合って、子ども2人は2歳と0歳ですか?16歳と18歳ですか?

 相談者
  「うちは光熱費が異常に高いんです。」
 私
  「どうしてですか?」
 相談者
  「私と子どもがアレルギー持ちで、洗濯物が外に干せず
   乾かないのでエアコンをつけています。他に方法が思いつきません。」
 私
  「それは絶対に必要な光熱費ですよね?
   他の支出を押さえることを考えましょう。」

 このケースでは、光熱費は高くて当然ですよね。
 意味無く使っているわけではないです。事情があるのです。

 でも「光熱費は○%まで」っていう活字に振り回されてしまっているのです。
 メディアって影響力が大きいですね・・・。
  
 
 支出の割合って、その人の生き方を表していると思います。
 何にお金をかけたいか。どういう人生を歩みたいのか。

 意味無くエアコン付けっぱなし、水流しっぱなし。
 無駄に食材購入し過ぎ、携帯で電話し過ぎ。
 これはさすがに抑えてもらう必要がありますよね。

 今は関わりがなくなったのに、何かの会員になったまま、
 中身はまったくわかっていないけど、付き合いで保険に入っている。
 これもよろしくないですね。

 外食費・交際費にお金をかける。
 自己投資にお金をかける。
 趣味・レジャーにお金をかける。
 いいですね。応援しますよ。意図的であれば。

 たいせつなのは、”大きな金額”を”衝動的””頻繁”に使ってしまわないこと。


 食費?
  最安値でなくていいじゃないですか。
  10円安い牛乳を買うために、15分も自転車を走らせないといけない。
  そんなのやめましょう。

 嗜好品?(タバコやお酒)
  無理して減らしすぎないほうが良いですよ。
  それをやめることで、反対に増えてしまいそうなものはありませんか?

 医療費?
  いくら気をつけたって、風邪はひいてしまうものですよ。
  もちろん予防はしましょうね。

 ストレスがふくらみすぎないように。これがたいせつです。


 <その2>へ、つづきます。
----------
 この内容は、2010年3月13日のブログ記事を再編集したものです。
 http://kyogokudemachifp.blog14.fc2.com/blog-entry-206.html 

 ご意見・お問い合わせはこちらから。
  https://mbp-kyoto.com/money-2nd/inquiry/personal/

 日々をつづった日報はブログにて。【2009年9月より毎日更新中】
  http://kyogokudemachifp.blog14.fc2.com/

----------------------------------
 京極・出町FP相談 ~お金にもセカンドオピニオンを~
 http://money-2nd.com

この記事を書いたプロ

伊藤俊輔

伊藤俊輔(いとうしゅんすけ)

伊藤俊輔プロのその他のコンテンツ

Share